ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

押井守監督待望の最新作 世界が認めるハイブリッ トアニメーション 『ガルム・ ウォーズ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

押井守、監督デビューから30余年。彼が構想15年をかけて異国の地・カナダで全身全霊を捧げて撮影した『ガルム・ウォーズ』。

かねてより「実写とアニメーションは融合して区別がつかなくなる」と提唱してきた押井は、『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など数々の作品を共にしてきた世界的アニメーション製作会社Production I.Gとオール北米ロケを敢行。言葉も通じぬ異国の地で、日本人は監督含めスタッフ7人。外国人俳優を起用して撮影に挑み、アニメーションと実写の境界線を越えた新しい映像を作り上げた。

押井監督は以前から「すべての映画はアニメになる」と主張してきた。そして、その持論を実践するかのように、実写とアニメを交互に作り続けるという監督人生を送ってきた。本作はアニメーションの手法で作られた実写作品であり、そんな押井監督の集大成となる作品だ。

アニメ作品では絵を描くスタッフが実際の画面を描き始める前に、絵コンテやイメージボードと呼ばれる準備段階にしか使用しないグラフィックを大量に作り、映画のイメージをじっくりと練り上げる。

本作も、アニメ同様の入念な準備をして撮影に臨んだ。また、撮影後の画面加工についても通常の実写作品と異なり、動画を構成する画像の1枚1枚を、加工専門のスタッフが極限まで美しく仕上げる方法を採っている。その結果として、映画の1コマ1コマが絵画の作品であるかのように高品質な映像を実現。それはあたかも、世界が認めるハイクオリティな日本アニメーションの世界で撮影した実写映画だ。

 

 

 

『ガルム・ウォーズ』

5月20日(金)全国ロードショー

-スタッフ-

原作・脚本・監督:押井守

日本語版プロデューサー:鈴木敏夫 宣伝コピー:虚淵玄(ニトロプラス) 音楽:川井憲次 協力:スタジオジブリ 制作:Production I.G 製作:バンダイナムコエンターテインメント Production I.G ©I.G Films

-出演/声の出演-

ウィド:ランス・ヘンリクセン/壤晴彦 スケリグ:ケヴィン・デュランド/星野貴紀 カラ:メラニー・サンピエール/朴璐美

 ・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP