体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道旅【後編】世界遺産の知床を満喫!

知床

じゃらん編集者がプライベートで出かけた旅の中でのお気に入りをピックアップしてご紹介する本企画。Vol.2は、前回に引き続き編集長の大橋が大自然を満喫した北海道旅をお届けして参ります!

森の中に佇む“萌えパン屋さん”との出会い

『神の子池』でパワーをもらった翌日、向かったのは知床でした。北海道で唯一ユネスコ世界遺産に登録されている知床でクルーズに乗船し、その素晴らしい大自然の魅力に触れるのが目的です。

旅を充実させることに貪欲な私は、もちろんただ目的地へ向かうだけでは飽き足りず、気になるところを寄り道、脱線しながらのドライブです♪

最初の寄り道スポットは、こちら。知床の森の中にぽつんと佇む、絵本のなかに出てきそうなパン屋さん『メーメーベーカリー』。なんとなく気になって立ち寄ってみたら大正解でした!メーメーベーカリーなんともかわいい店看板。手書き文字もいい感じです♪メーメーベーカリーメーメーベーカリーだけあって、入口にはメーメーの姿が

知床連山の1つであるウナベツ岳の中腹にある『メーメーベーカリー』。煙突のある赤い屋根のお店は、美しい木々に囲まれていてお伽の国のようにドリーミー。敷地内のすべての空間のみならず、パッケージからお皿までどれをとってもカワイイんです。

そして、さらに驚くべきは、パンのおいしさ! 道産小麦と(道産ライ麦粉でおこした)自家製酵母を使い、敷地内の薪で焼かれたパンは、噛むほどに味わい深い逸品。

ハードめのシナモンロールも、道産金時豆のの甘みが効いている金時豆パンも、クリームチーズとブルーベリージャムで頂くごまパンも、本当にどれもこれも絶品! 食べ過ぎちゃうこと間違いなしです。本当に、すべてが素晴らしい“萌えパン屋さん”でした。メーメーベーカリー材料はできるかぎり地元の食材やオーガニックのものを使っているそう メーメーベーカリー 手作りの味がある内装もとってもかわいい!女子ウケ間違いなしの空間です メーメーベーカリーこんなかわいいパンフレット、捨てられません! ウナベツ岳 メーメーベーカリー

TEL/0152-28-2626

住所/北海道斜里郡斜里町峰浜233

営業時間/11時~17時 ※売り切れ次第終了

定休日/月火水木よう日・冬期不定休

http://me-me-bakery.com

空に続く道、知床五湖を経ていよいよ知床クルーズへ

続いて向かったのは、『天まで続く道』。全長約18kmの直線道路で、まっすぐな道の先が天まで続いているように見えることが名前の由来なのだそう。

憧れていた風景を実際に目にしてみると、予想以上に圧巻!限りなくまっすぐに伸びた道がアップダウンを繰り返し、最後は本当に空につながっている様に見えました。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。