ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

じゃらんnetユーザーが選んだ人気温泉地ランキング【関東・甲信越編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国のじゃらんnetユーザーが選んだ関東・甲信越エリアの人気温泉地をご紹介。「今までに訪れたことがあり、もう1度訪れてみたい!」と思う関東・甲信越エリアの魅惑の温泉地を、TOP15まで一挙大公開しちゃいます!

1位.箱根温泉【神奈川県】

17の湯が揃う1番人気の温泉地

あじさい電車で人気の箱根登山鉄道の最終駅がある標高700m付近の温泉地。景色が良く外輪山や花火と共にうら盆の送り火として点火される「大文字」が望める。温泉は透明の単純泉と濁り湯の硫黄泉という2種の泉質があり、宿によって違う湯を満喫。新緑や紅葉の時期は特に人気で、箱根美術館や強羅公園等の名所は賑やか。

「箱根エリアの温泉」はこちら

\現地スタッフの声/

硫黄の匂いに包まれた登別温泉は11種類の温泉が一日に約一万トンも湧き出していることから「温泉のデパート」と呼ばれています。地獄谷は温泉街から歩いて数分。地の底からもうもうと立ち上がる熱湯や水蒸気を遊歩道から間近で眺める事ができます。湯元の大湯沼から流れる湯の川を利用した天然足湯は森林浴もできてオススメ!

2位.草津温泉【群馬県】

名物の湯畑は必見!湯めぐりも◎

日本有数の名湯として名高く、名物「湯畑」を中心に、様々なタイプの宿やみやげ物店が多数ある活気のある温泉地。殺菌力の強い源泉が町のあちこちから湧き出ていて、無料で湯めぐりができる。また町の外周は高原リゾートの雰囲気でおしゃれなカフェやペンション・ホテルも。

「草津温泉」はこちら

3位.鬼怒川温泉【栃木県】

雄大な鬼怒川渓谷にある温泉地

雄大な鬼怒川渓谷沿いに旅館・ホテルが立ち並ぶ関東有数の大型温泉地。江戸時代の発見当時は日光詣の僧侶や大名のみ利用できたが、明治以降一般開放された。体に優しいアルカリ性単純温泉は神経痛・疲労回復等に効能あり。周辺は日光江戸村や東武ワールドスクウェア等テーマパークも多く、春の新緑、秋の紅葉が美しい。

「鬼怒川温泉」はこちら

4位.白骨温泉【長野県】

山間にひっそりと佇む秘湯

鎌倉時代に湧出したという、数百年の歴史を持つ名湯。山間にひっそりと佇む秘湯は古くから文人墨客に愛されてきた。「白骨」の呼び名も中里介山の小説「大菩薩峠」に登場したのが発端。単純硫化水素の湯は湯口では透明に近く空気に触れると白濁になる。その効能は「三日入れば風邪をひかない」といわれる程。

「白骨温泉」はこちら

5位.伊香保温泉【群馬県】

大正浪漫の雰囲気が漂う温泉地

万葉の時代から人々に親しまれてきた、石段街がシンボルの温泉地。そこはかとなく、大正浪漫の雰囲気が漂い、ノスタルジックな気分にさせてくれる。のんびりそぞろ歩きがおすすめの温泉地。

「伊香保温泉」はこちら

6位.万座温泉【群馬県】

四季折々の景色を満喫

標高は1800Mもあり星に手が届きそう。万座温泉の源泉は湯畑より引き湯されておりほとんどの宿がその温泉をまたアレンジしているのが面白い。多くの効能があると言われる温泉は酸性硫黄泉で色は乳白色。どの季節に訪れても素晴らしい大パノラマを堪能できるので何度来ても新鮮な気分。

「万座温泉」はこちら

7位.野沢温泉【長野県】

無料で利用できる13の外湯あり

日本有数のスキー場と野沢菜発祥の地として知られている。その開湯は七百余年以上にさかのぼり、硫黄泉がたちこめる温泉街は湯治場として賑わいを見せた。多くの源泉が自噴しており効能豊かな天然温泉を温泉街に点在する13ヵ所の外湯(無料で利用可能)で楽しむことができる。

「野沢温泉」はこちら

8位.湯河原温泉【神奈川県】

関東でもっとも古い温泉の1つ

古く万葉集にも詠まれた秘湯の趣を持つ温泉場である。関東でもっとも古い温泉の一つで「傷の湯」と言われ、外傷に効く湯として知られている。首都圏から近いので、春は新緑、6月は「ホタルの宴」、夏は湯河原海水浴場、秋は紅葉、みかん狩り、1月下旬からは「梅の宴」と年間を通じて楽しむことができる。

「湯河原温泉」はこちら

9位.四万温泉(群馬県)

豊富な源泉

国道353号行き止まり。全国の国道で行き止まりはここだけ。自然が残るまちの中央を清流が流れ、源泉が豊富な上に温度も高く、冬は暖房に使ってから湯船に回すほど。5つのエリアに分かれ小さな旅館が35軒ほど、大旅館が3軒。タイプが色々あり好み宿が見つかる。

「四万温泉」はこちら

10位.那須温泉【栃木県】

1370年前に開湯した由緒ある温泉地

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

「那須温泉」はこちら

11位.日光湯元温泉(栃木県)

日光の最奥地、湯の湖岸の国民保養温泉地

日光の最奥地、湯の湖岸の国民保養温泉地としての指定されている。自然が豊富で静かな温泉地として情緒的、湯の湖では、ヒメマスや岩魚釣りが楽しめ、スキー場やハイキングコース、アウトドアの施設もある。豊富な硫黄泉は美人の湯として人気。

「日光湯元温泉」はこちら

12位.富士河口湖温泉郷(山梨県)

富士山と湖を眺めながら温泉が楽しめる

河口湖では「天水の湯」、「霊水の湯」、「芙蓉の湯」、「麗峰の湯」の4つの源泉が湧出しており、湖畔沿いには富士山と湖を眺めながら温泉が楽しめる露天風呂や展望風呂を備えた旅館、ホテルが点在。富士の恵み豊かな温泉を湛えた湯船に身を委ね、春は桜と富士山、夏は夕闇に浮かぶ富士山の山小屋の灯火、秋は紅葉の山並みと初雪の富士山、冬は雪景色の富士山を眺められる。

「富士河口湖温泉郷」はこちら

13位.みなかみ18湯(旧水上温泉郷・猿ケ京温泉・法師温泉・宝川温泉)【群馬県】

美しい赤谷湖を見下ろすようにある温泉地

谷川連峰三国連山の雄大な景観に囲まれ、美しい赤谷湖を見下ろすようにある温泉地。古来より三国街道を往来する人々が難所だった峠越えの疲れを癒すためにおとずれた。一説には戦国時代の上杉謙信が観桜に攻め入る途に陣を張り、名付けたといわれている。泉質はなめらかな硫酸塩泉。

「水上・月夜野・猿ヶ京・法師エリア」はこちら

14位.湯田中渋温泉郷(長野県)

九つの温泉からなる国内でも屈指の大温泉郷

志賀高原の麓、湯田中、渋、安代、上林、新湯田中、星川、穂波、角間、地獄谷の九つの温泉からなる国内でも屈指の湯量、泉質をもつ一大温泉郷エリア。それぞれが個性ある温泉場として古い歴史をもっており、個性的な宿泊施設も多い。野生の猿が温泉につかる「地獄谷野猿公苑」には、世界中から観光客が来ている。

「湯田中渋温泉郷」はこちら

15位.湯西川温泉【栃木県】

平家落人伝説の残る美しい温泉郷

壇ノ浦の戦に敗れた平家が隠れ住んだという、平家落人伝説の残る美しい温泉郷。渓流沿いに藁葺き屋根の家が並ぶ風情ある景観に心和む。アルカリ性単純泉の温泉の発祥は天正元年で400余年の歴史をもつ。地元で採れた岩魚・ヤマメ等の川魚や野鳥・鹿・熊・山椒魚やみそべら等をいろりでじっくり焼いて頂く落人料理が有名。

「湯西川温泉」はこちら

◎調査時期 :2015年8月18日(火)~ 2015年8月26日(水)

◎調査対象 :『じゃらんnet』会員または『じゃらんnet』予約者

◎調査方法 :インターネット上でのアンケートを実施

◎回収数 :12,062人

◎有効回答数 :12,062人

◎対象温泉 : 計331の温泉地を選択肢として設定

※温泉地名は調査時のものであり、一部の温泉地名で呼称が異なる場合がございます。

※この記事は2016年4月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

じゃらんnetユーザーが選んだ人気温泉地ランキング【東北編】
じゃらんnetユーザーが選んだ人気温泉地ランキング【北海道編】
伊勢志摩サミットの花畑も登場!なばなの里の花畑2016【三重】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP