ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

インド政府、学生向け超低コスト”35ドルタブレット”「Aakash」を発表、7インチ、Android 2.2を搭載(更新)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

インド政府・人材開発省が”35ドルタブレット”として以前話題となった学生向け超低コストのAndroidタブレット「Aakash」を発表しました。端末の開発元は英Datawind、製造はインド国内で行われたそうです。インド政府はまず10万台のAakashタブレットをDatawindから1台あたり2250インドルピーで購入し、パイロットテストとして学生たちに配布するそうです。最終的には政府の補助により1,750インドルピー($35、¥2,700)で販売される予定。量産数によっては1,750インドルピーまでに抑えられるとのこと。Aakashのスペックは以下の通りで、3Gモデムやカメラは搭載されていません。 Android 2.2(Froyo)、Androidマーケット非搭載 7インチWVGA、感圧式タッチスクリーン Connexant 366MHz プロセッサー 256 MBのRAM、2GBのROM フルサイズのUSB×2、マイクロSDカードスロット、3.5mmオーディオジャック 2,100mAhバッテリ、使用時間は2~3時間 Wi-FiDatawindは上記”政府”版以外にも、11月より一般消費者向け「Ubislate」を発売する予定。AakashにGRPS対応の通信モジュールを追加し、政府の補助金無しで価格は2999インドルピー($60、¥4,700)。Source : The Times of IndiaAndroidOS.in


(juggly.cn)記事関連リンク
Pantech、韓国でLTE対応のデュアルコアAndroidスマートフォン「Vega LTE」を発表
米T-Mobile、"myTouch"ブランド新機種「T-Mobile myTouch」、「T-Mobile myTouch Q」を発表
KDDI、シャープ製「IS01」と「IS03」向けのケータイアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。