ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「彼とほとんど喧嘩をしないの」は主従関係が決まってるから!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

安定した関係に憧れを持つアラサー女性のなかには、「彼とはほとんど喧嘩をしないの」と語る人もいます。

確かに本当に気の合う相手同士であれば、滅多に喧嘩が起こらないことも珍しくはないでしょう。

しかし、喧嘩をしないのではなく、できないカップルとなっているなら要注意です。

自分が我慢をしている

彼と意見が食い違っても、「嫌われたくないから」と自分の気持ちを押し殺したり、「今別れたら婚期がさらに遠ざかる」という不安から彼に合わせたりしていると、自然と喧嘩も減ります。

でも、それは喧嘩をしないのではなく、ただ避けているだけ。

彼への不満を我慢することにより、自分自身に膨大なストレスを与えてしまっているのです。

彼が我慢をしている

女性側の立場が強く、ふたりの間に主従関係ができていると、喧嘩も起こりにくくなります。

たとえ、彼が反論してきても、暴言を返すことで逆らえないようにするでしょう。

もちろん、このような理不尽な関係に不満を抱かない男性などいません。

彼女の傲慢な態度に嫌気がさし、彼が離れてしまう可能性もないとは言えないのです。

「喧嘩ができない」の解決策は?

自分が我慢をしているか確かめたい場合は、彼と一緒にいるときに心の声が多くなっていないかをチェックしましょう。

彼の言動に対し、「またあんなこと言っている」「私は違うと思うのに」という気持ちを口に出さず、心の中でつぶやいているのであれば、知らぬまに我慢をしていたのです。

反対に、彼が我慢をしているか確かめたい場合は、一度、絶対に否定されると思われる意見を問いかけてみましょう。

「手料理よりも、コンビニ弁当の方がおいしいよね」と明らかに違うと言いたくなる問いかけに対して、彼が「そうだよね」と同意するようであれば、要注意。

彼が自分の気持ちを言えずに我慢している可能性があります。

まったく喧嘩をしないは危険信号

恋人同士の喧嘩は、多いより少ない方が良いのかもしれません。

でも、まったく喧嘩をしないというのは、違う部分に問題が隠れている場合もあるのです。

そんなカップルこそ、たまにはお互いに気持ちをぶつけて喧嘩してみたっていいのではないでしょうか。

image via shutterstock

■ あわせて読みたい

初キス1位は、3回目のデート。ときめくキス事情#まとめ
ドキドキ最高潮。何回目のデートでキスしてる?
男性の「男性に求める条件は?」にドキドキさせる返答
初デートは、断然「朝」に。夜のデートは不機嫌になりがち
近づきたい! 話してみたい! 彼をその気にさせる香り見つけた
理想はこんなひと! つきあうなら◯◯がある男性
男子は「胸元アピール」が正直しんどい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP