ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「京まふ」5周年で規模拡大!応援サポーターに水瀬いのりが就任

DATE:
  • ガジェット通信を≫

記者会見に登場し、京都市をイメージしたキャラクターのイラストをその場で描いた水瀬いのり

京都で9月17日・18日に行われる西日本最大級のマンガ・アニメ見本市「京都国際マンガ・アニメフェア2016(京まふ)」の開催概要などが発表された。

出版社やアニメ制作会社など多彩な企業が集結するブースや、アニメ作品などのPRブース、ライブなどのステージイベント、コスプレエリア、イベント限定グッズ販売、企画展などを展開。5周年目となる今年は、ファミリー層やビジネス来場者など多様な来場者に向けた企画展開を強化するという。

みやこめっせ(京都市勧業館)、京都国際マンガミュージアムが会場で、今年からはロームシアター京都のメインホールを活用したイベントも予定。京都市内各地でも連動イベントを開催するなど、京都市が一体となってイベントを盛り上げるという。

「京まふ」は、関西圏企業と首都圏企業とのビジネスマッチングの場の創出や、関西で優秀な若手クリエイターが育つための市場づくり、国内外観光客の掘り起こしなど、関西圏のコンテンツ市場の促進を図ることを目的に毎年開催している。

メイン会場となる「みやこめっせ」では、手刷りや、つまみ細工など、伝統工芸の技術を用いて自分だけのオリジナルグッズが製作できる「伝統工芸体験工房」や、京都の伝統産業を代表する「京友禅」の伝統的技法である「摺型友禅染」について学べ、人気キャラクターのオリジナルグッズが製作できる「摺型友禅染体験教室」も実施。

京都企業とマンガ・アニメとのコラボによる京まふ公式商品や、イベント限定のオリジナルグッズを販売する「京まふショップ」や、人気作品をコンセプトにした様々なフード・ドリンクを提供すフードコートも設置。そのほか、マンガ出版社を招き、マンガ家志望者が自分の作品を持ち込む機会を創出する「マンガ出張編集部」や、マンガ・アニメをテーマとした特別企画展も予定する。

第2会場の「京都国際マンガミュージアム」では、特別展示マンガ・アニメをテーマにした企画展を開催。「ロームシアター京都」では、コンサートやライブなどを予定しており、9月18日には「すぎやまこういち作曲交響組曲による『ドラゴンクエストⅤ』“天空の花嫁”」を開催する。

応援サポーターには、第10回声優アワードで主演女優賞を受賞した「水瀬いのり」(ソニー・ミュージックアーティスツ所属)が就任。記者会見に登場した水瀬いのりは、「私は、普段は声優としてアニメのキャラクターに声をあてているお仕事をしているので、アニメやマンガが大好きな方が応援してくれている『京まふ』に応援サポーターとして関われることがとても嬉しく思います」と就任についての感想を述べ、

「微力ながら全力で応援させて頂きたいと思っております。アニメやマンガを好きな気持ちは年齢や国籍は関係ないということを分からせてくれるコンテンツは素晴らしいなと思う。なので、是非私もアニメやマンガの素晴らしさを伝えられるようにがんばっていきたい」と応援サポーターとしての意気込みを語った。

記者会見には応援サポーターの水瀬いのり、京都市長の門川大作らが登場

リニューアルした京まふロゴ

応援サポーターの水瀬いのり

水瀬いのりが描いた「京都市を擬人化したキャラクター」の「八ツ橋舞妓ちゃん」

▼リンク
「京都国際マンガ・アニメフェア2016(京まふ)」
http://kyomaf.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP