ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットの停滞期はホメオスタシスが原因! 乗り切るコツは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

順調に体重が減っていたのに、急に体重の減少がなくなってしまう。これがダイエットの停滞期です。ダイエットに停滞期はつきものですが、毎日体重計に乗ってため息、なんてことになるとやる気もなくなってしまいますよね。でもここであきらめてしまうとリバウンドでもっと太ってしまいます。ダイエットに停滞期が起きる理由を知っておけば、うまく乗り切ることができます。

ダイエットに停滞期があるのはホメオスタシスが原因

どうして順調に痩せていたのに、突然体重が減らなくなってしまうのか? それは、人の体に備わっている「ホメオスタシス」が原因です。ホメオスタシスは「恒常性」のことで、体を一定に保とうとする機能のこと。ダイエットが停滞期に入るのは、体重が5%位減少した頃です。体重が減ることによって、体が飢餓状態に入っていると判断し、何とか今までのエネルギーを維持しようと働き始めるのです。

停滞期の体はどんな状態になっている?

ダイエット停滞期の体は、ホメオスタシスが機能している状態。その時に、体はどう変わっていっているのでしょうか? まず体は「今は飢餓状態」と判断しているので、エネルギーを確保するためにわずかの栄養でもムダなく体に蓄えようとします。そして、エネルギーの消費を防ぐために代謝を下げて燃焼を防ぎます。停滞期はダイエットをあきらめてしまうことが多い時期でもあります。でも、反動でドカ食いなんかしてしまったら、体は待ってましたとばかりにエネルギーを蓄えて、リバウンドしてしまうのです。

停滞期を乗り切るコツは?

停滞期になってもダイエットを続ければ、体はその状態に慣れてくるので、また体重は減少し始めます。停滞期が続くのは1ヵ月程度。この苦しい時期を何とか乗り切るのが、ダイエット成功のカギなのです。停滞期に入ると、食事を減らしても痩せないのでもっと減らしたくなりますが、これは失敗のもと。痩せないのは、ホメオスタシスが原因なので食事の量は減らさずに様子を見ましょう。カロリー制限をしている場合、栄養の偏りや栄養不足に陥りがちです。栄養バランスが崩れると、さらに代謝が悪く痩せにくくなってしまいます。停滞期には食事の内容を見直して、十分なビタミンやミネラルを摂るようにしましょう。

ダイエットの停滞期は、誰にでも訪れるもの。どうして痩せないんだろうと心配になる気持ちも分かりますが「これはホメオスタシスのせい」と割り切って、あせらずダイエットを続けてくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP