ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YO- KING 「ライブは俺が一番楽しむようにしている」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE深夜の番組「THE HANGOUT」(火曜ナビゲーター:川田十夢)。4月19日(火)のオンエアでは、とてもスペシャルで抜けのいい明るさをもった真心ブラザーズのYO-KINGさんが登場しました。
まずは、インターネットに書かれているゲストのプロフィールと、本当のところを比較する恒例の企画から! 川田がHPに書かれたプロフィールを読み上げると、すかさずYO-KINGさんが細かい点につっこみを入れていきました。バンド結成のエピソード解説する「先輩YO-KINGと後輩桜井秀俊」という文章に対し「先輩後輩って、これ誰からみたことなんだ?って話だよね。読んでいる人には関係ないじゃん」と一刀両断。 
「あとさ、同年っていうのは数字にしてほしいよね、ちゃんと。同年って何年なんだろう?って前に戻んなきゃなんないから。89年って書くのと同じスペースなんだから、書いてくれた方がありがたいよね」と自身のHP内のプロフィール文につっこみまくり(笑)。細かいところまで気になる理由は、なんと国語の先生を目指していたからだそうです! 
 続いて、ダサかった頃の話に。なんでもYO-KINGさんの音楽、かつてはダサかったんだそうです。
 「具体的にいうと、僕はデビューから前半、ピッチとかリズムをジャストで歌っていたんだよね」(YO-KINGさん、以下同)
譜面通り、きっちりとテンポもピッチもあわせて歌っていたというYO-KINGさん。しかし、今ではあえてリズムや音程をずらして、かっこよさを追求しているそうです。 
「(歌が)上手い人はいっぱいいるからさ、そういう上手さでは面白くないっていうか。どう聴いてもYO-KINGだよねっていう方が、楽しいしラクでしょ?」 
上手さにこだわらず、面白さ、楽しさを追求する。普通、年を重ねるごとに声は衰えていき、若い頃に歌えた歌が歌えなくなるはずですが、むしろ彼の場合は、年々声が出るようになっているそうです。しかも、ボイストレーニングをしたことがないのに!!  「ただ、自分ではトライ&エラーしながら、リハやったり本番やったりしていて。それでもリハはあんまりやんないんだけどね(笑)。でもそのリハをやらないってのも、色々ためしてたどり着いた結論なのよね」  
ライブの良し悪しは、自分がワクワクできるかどうかで大きく変わるそう。 
「いくらビシっと当日リハをやっても、その日疲れて本番に臨んだら、ダメなんだよね。ワクワクして、この会場のお客さんは楽しませるけど、この目に見える人の中で“俺が一番楽しむぞ”って気持ちで出ていくと、いいライブになる」
 どんどん進化しているYO-KINGさんですが、ソロ名義でカバーアルバムを出したのは、自分の歌に自信をもてたからだとか。 「歌が自分のなかで、さっき言った意味での上手いじゃなくて、自分のなかで上手くて、かっこいい歌い手になってきたなって自覚があって。この感じであのようなカバーをやったら、いい歌を歌えるんじゃないかなと思った」 
独特の感性とユーモアをあわせ持つベテランミュージシャンのYO-KING。今後の活躍にもますます期待が高まりますね!
クリエイターが深夜のたまり場で語り明かす「THE HANGOUT」。20日(水)は、大宮エリーがスピードワゴンの小沢一敬さんをお迎えして、胸キュン妄想トークを、21日(木)は、蔦谷好位置がプライベートでも親交のある千原ジュニアさんをお迎えして、お互いの売れない時代についてディープに語ります。乞うご期待!

【関連サイト】
「THE HANGOUT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/hangout/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。