体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お手入れから、フィット感アップまで!靴を快適に履くための「13のポイント」

デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けたら嬉しいですよね。

ライターのAngel Chang氏が、靴を快適に履くための13のポイントを「LittleThings」にまとめています。気持ちよく靴を履くための第一歩は清潔さが大切。まずはお掃除から見ていきましょう。

01.
革の汚れは
アルコールでお手入れ

消毒用として売られているイソプロピルアルコール。清掃用にも使えるのはよく知られていますが、しみ抜きにもOKなんだとか。その際は綿棒かコットンボールにアルコールを浸したものでしみをこすり、30分ほど置いておきましょう。

02.
気になるニオイは
重曹でやっつける

重曹少々を入れて1晩置くと…。ニオイが消えているはず。ちなみに家周りのニオイ消しに効果的です。重曹は別名「ベーキングソーダ」。焼き菓子を膨らませたり、食べ物のアク抜きにも使われるものなので、万が一口に入っても安心。靴箱やゴミ箱など、容器に移したものを気になるところへ入れておくのも効果的です。

03.
スニーカーの
「やばいニオイ」にはお酢

ほとんどの「ニオイ」はアルカリ性。お酢にはアルカリ性を中和させる働きがあります。履きすぎて憎たらしいニオイになってしまったアイツは漬けてしまいましょう!

8リットルの水にお酢を2カップ足したものに全体をしっかり浸して1時間。乾かしたらまたかわいいあの子に戻っているはず。

04.
ソールは
歯みがき粉で真っ白に!

意外と目立つのがソールの汚れ。歯みがき粉と古い歯ブラシで汚いところをごしごし。綺麗になったら布で拭いても、水で流しても。美しい歯のように白いソールは清潔感がありますよね。

05.
スエードのひっかきキズや
しみはネイルファイル

頑固なしみは、やさしくネイルファイルかサンドペーパーでこすってみましょう。ついたばかりの湿ったしみでも乾いているしみも取り除けるはず。

06.
しつこい油汚れには
コーンミールがいい?

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。