ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その才能に嫉妬する。極細黒ペンのみで描き上げた、世界一の「イタズラ書き」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0.05〜0.7ミリと、先の太さが異なる数種類の黒ペンだけで、写実と幻想の間を行き来する作品を作り上げていく。

インスタフォロワー44万人
そのクオリティに圧倒される!

彼の代表作のひとつが、このスチームパンクなライオン。雄雄しく鋭い眼光とサイボーグ化された表情が印象的だ。

Kerby Rosanesさん(@kerbyrosanes)が投稿した動画 – 2016 1月 26 7:43午後 PST

Rosanesさんは、黒ペンとファインライナー数本を使い分け、独自の“doodle(イタズラ書き)”ワールドを描き上げていく。緻密な作業風景は上の動画からも分かるだろう。

本人にしてみれば、イタズラかもしれない。けれど、この圧倒的なクオリティは瞬く間にSNSを介して拡散。今や44万人を超えるInstagramのフォロワーたちが、彼の新作を楽しみにしている。



「宮崎作品」にインスパイア


日本のアニメにもインスパイアされた彼は、宮﨑駿作品へのトリビュートも数多く描いている。


こちらは、スウェーデン発の腕時計ブランド、ダニエル・ウェリントンとのコラボ企画。さらには、スケートボードのデッキデザインを手がけたり、ドーナツ店のパッケージデザインを担当するなど、Rosanesさんの注目度は急上昇。

こうなるともう、イタズラ書きという認識を持つ人間は誰ひとりいない。にも関わらず、Rosanesさんは“落書きの延長”だと繰り返す。どこまでも謙虚な青年のこれまでの作品をどうぞ。

MOLESKINEシリーズ










細かな描写に思わずため息が出てしまう。

新作「幾何学獣シリーズ」





しびれるような彼の作品は、Tシャツやポスター、スマホケースになって公式サイトから購入できる。

Licensed material used with permission by Kerby Rosanes

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP