体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【高知県土佐郡土佐町・嶺北】大自然のカフェが「大自然の料理」を追求した結果 / カフェかのん

reihoku06

高知県土佐郡土佐町は「嶺北」(れいほく)と呼ばれる地域にあり、まさに「四国のへそ」ともいうべき内陸の真ん中にある。豊潤な農地と壮大な山々に囲まれた地域でもあり、四国でも有数の「大自然に人が包まれた地」である。美しき吉野川に流れ込む無数の清流が存在し、その流れもまた、人を癒やす魅力のひとつになっている。

・嶺北では「知らない人がいない」
そんな嶺北には、大自然を追求した料理が食べられる喫茶店「カフェかのん」がある。やや高台に位置し、その地形を生かした店舗デザインにも定評があるこの喫茶店。嶺北では「知らない人がいない」というほど地域住民に愛されている場であり、役場の人もときおり訪れるという。それにしても、「大自然の料理」とはどんなものなのか?

reihoku16 reihoku15 reihoku14 reihoku02 reihoku01 reihoku04 reihoku05

・天然アメゴの天ぷら
店内に入ると、嶺北に住む住民たちがコーヒーを飲みつつ寛いでいた。正直なところ「観光客は入りにくい雰囲気かな?」と思ったが、そんな不安は杞憂だった。閉店時間が迫っていたにもかかわらず、温かく迎え入れてくれた女将さんと店主。コーヒーだけにしようと思ったが、ここは「大自然の料理」が食べられる喫茶店。偶然にも女将さんが揚げていた「天然アメゴの天ぷら」を定食でいたただくことに。

・まさに大自然の料理
「この地域に住んでいる方が獲った、天然のアメゴなんですよ」と語る女将さん。シャリッとした衣の食感が伝わったかと思えば、ふわっとした柔らかさで塩気と旨味が広がる。しかも揚げたてだから格別だ。毎日「日替わり定食」とのことで、嶺北地区の食材をふんだんに使用。地域住民からもらったり購入した食材も使用しているという。まさに大自然の料理だ。

reihoku09 reihoku07
1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。