ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストレイテナー、ニューアルバム『COLD DISC』の収録曲を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ストレイテナーが、5月18日に発売する9thアルバム『COLD DISC』の収録曲を発表した。

2015年に発売された“シングルエモーショナル三部作”(すべてオリコンウィークリーチャートTOP20入り!)に4月20日に発売した最新シングル「シーグラス」を含めた全11曲を収録。シングル曲に代表される流麗でメロディアスな楽曲はもちろん、高い演奏技術でライヴの勢いそのままをパッケージしたようなアッパーな楽曲や、卓越したアレンジセンスを惜しみなく発揮したダンサブルな楽曲などなど、キャリアと実力を存分に見せつける堂々の作品だ。

さらに、アルバム1曲目の「原色」が今夏公開される映画『U-31』の主題歌に起用されたことも発表。この映画『U-31』は、かつて日本代表として、チームの中心プレイヤーとして活躍したサッカー選手の挫折と再生を描き出した作品で、原作は『GIANT KILLING』で知られる綱本将也、『特命戦隊ゴーバスターズ』の馬場良馬が主演を務める。また、ジェフユナイテッド市原・千葉の25周年を記念し、同チームの全面バックアップを受けて製作されたことも話題に上がっている。

ストレイテナーの起用について、谷健二監督は“以前から、とてもかっこよく完成されたバンドだと感じていました。さらに、現状に満足しないで、まだまだ何かやってくれそう、という期待感が物語の主人公とリンクし、今回の映画の主題歌をぜひやってもらいたいと思いました”とコメント。ストレイテナーのホリエもこの起用について、“『原色』という曲は、現実と理想の間で揺れ動く葛藤、周りの目や声に惑わされず、自身の意志を強く持つというテーマで書きました。心に正直にあろうという思いは、僕が歌詞で表現し続ける恒久のメッセージでもあり、この映画を観て、真っ直ぐにそんな詞を書こうと思いました。夜から朝にかけてのシーンが印象的で、夜明けをイメージしたサウンドスケープをストレイテナー渾身のアンサンブルで描いています”と語る。

「原色」の“自分の姿を忘れないこと”というリリックコンセプトと『U-31』の主人公・河野敦彦の感情とのリンクも見どころだ。

映画『U-31』トレイラー
https://www.youtube.com/watch?v=03ZPQFB8-es&feature=youtu.be

アルバム『COLD DISC』
2016年5月18日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

TYCT- 69101/¥3,600+税

※初回限定デジパック仕様

【通常盤】(CDのみ)

TYCT- 60080/¥2,800+税

<収録曲>

■CD

01.原色

02.シーグラス

03.Curtain Falls

04.Alternative Dancer

05.Dark City

06.DAY TO DAY

07.NO~命の跡に咲いた花~

08.The Place Has No Name

09.Goodnight, Liar Bird

10.Force

11.覚星

■DVD:『EMOTION PICTURE SOUNDTRACK 4』 ※初回限定盤のみ

〈MV〉

01.Super Magical Illusion

02.冬の太陽

03.The World Record

04.The Place Has No Name

05.NO~命の跡に咲いた花~

06.DAY TO DAY

07.シーグラス

◎初回封入特典(初回限定盤、通常盤共通):全国ツアー「Step Into My World TOUR」9月23日(金)Zepp Nagoya~11月10日(木)昭和女子大学人見記念講堂の後半12公演 チケット先行予約受付フライヤー

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。