ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性の強力なミカタ!生理中の腹痛を緩和するデバイス「Livia」は薬不要で副作用もナシ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“母の日”が近づいてきているが、贈り物などの準備は万端だろうか?概して女性はプレゼントされるのが好きなものだが、女性ならではの悩みももっている。

それは“生理”である。生理前、生理中の不快症状、特に腹痛に悩まされている人もいるだろう。

・パルスが神経に作用し、生理中の腹痛を和らげる

そんな“生理中の腹痛”を緩和してくれるのが「Livia」というツールだ。“脳から発せられる痛みの指令”=“痛みの門”を閉じてしまおうという発想で、神経を刺激し、脳からの指令をブロックするという。

「Livia」からはパルスが発せられていて、これによって神経を“活発な状態”に保つ。

神経が活発な状態にあると、“神経の門”が閉じられ、痛みのシグナルが届かず、その結果として痛みを感じなくするという仕組みだ。

・163人の女性で臨床試験済み

Bari Kaplan医師によって、163人の女性で臨床試験をおこなったところ、良好な効果が見られたという。さまざまな厳しい世界基準をクリアし、近いうちにFDA、CE-Markも認可される見通しで、安全面にも配慮されている。

「Livia」には、デバイス本体、接続ケーブル、専用ケース、チャージ用のUSBケーブルがそれぞれ1点ずつ、電極が2点、ハイドロゲルステッカーが4点同梱されている。

・薬は不要、副作用もなく、全年齢で使える

ユーザーは痛みを感じる部分にゲルステッカーを貼り、スイッチをオンにすればすぐ作動し、穏やかな振動がスタート。

痛みのレベルに応じて、強度を調節することもできる。1度チャージすれば、およそ15時間の連続使用が可能だ。

薬は不要で、副作用もなく、どんな年齢の人でも使えるのも大きな魅力。2年間の保障期間付きなのも心強い。

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中で、早期予約価格75ドル(約8100円)+配送料金~だが、早くも1番安いプランは完売。気になる人はお早めに。

Livia

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP