ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユビタス、Chromecastで楽しめるクラウドゲーム「ファイナルファンタジー XIII +Google Cast」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ユビタスは 4 月 20 日、スクウェア・エニックスの人気 RPG ゲーム「ファイナルファンタジー XIII」のクラウドゲーム版となる「ファイナルファンタジー XIII +Google Cast」の Android アプリをリリースしました。「ファイナルファンタジー XIII +Google Cast」は、Chromecast 2 の国内発売時にリリース予定と告知されていた「ファイナルファンタジー XIII Google Cast Edition」のことです。名称が変わっています。このタイトルは、「ファイナルファンタジー XIII ライトニングサーガ」の第一章に相当するゲームとなっており、クラウドサーバがゲーム映像をストリーミングするクラウドゲーム仕様となっています。「ファイナルファンタジー XIII +Google Cast」は Chromecast や Nexus Player でも Cast ミラーリングでプレイでき、スマートフォンやタブレットをワイヤレスコントローラーにして楽しめます。「ファイナルファンタジー XIII +Google Cast」の価格は 2,000 円ですが、リリース後 1 ヶ月間はリリース記念として、キャンペーン価格 1,400 円で提供されます。「ファイナルファンタジー XIII +Google Cast」(Google Play ストア)

■関連記事
Samsung、Galaxy Note 6でアプリアイコンのデザインを刷新
Xiaomi、2016年Q1は1,480万台のスマートフォンを出荷(アナリスト情報)
Nextbit Robinは端末を逆さまにしても一部のアプリは利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP