ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『せか猫』主演・佐藤健「猫は人格を形成する大事な部分」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 無類の猫好きとして知られる俳優の佐藤健(27才)。飼い主の衣服に入り込む猫たちの愛くるしい姿を集めた写真集『そでねこ』(小学館)を手渡すと、「うわぁ、かわいい~」と、途端に目尻を下げた。

「そうそう、こういうところに入りたがるんですよね。意味わかんない。ふふっ。触りたいなぁ。実家の猫に会いたくなっちゃう」(佐藤・以下「」内同)

 そんな彼が主演するのが、5月14日から公開の『世界から猫が消えたなら』(通称・せか猫)。2013年に本屋大賞にノミネートされ、国内外で累計部数120万部を超える川村元気の同名ベストセラーを映画化。余命わずかな主人公「僕」の前にある日突然、自分と同じ姿をした悪魔が現れて、「世界から何か1つ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」と言われたとしたら──電話、映画、時計、猫……。悪魔にそそのかされるままに次々とものを消していくが、その引き換えに恋人や親友、家族との思い出も1つ1つこの世から消えていく。

「ぼく自身の心にいちばん刺さったのは、母親への愛です。亡き母との思い出のシーンを台本で読んだ時には、泣きました。ただ、20代のぼくは親が死ぬことをまだ身近に考えたことがなくて、役柄を前にして『僕』の気持ちに全然なれなかった。そこが今回、とても難しいところでした」

 クランクイン前も撮影中もずっと、自分の親との別れについて思いを巡らせていたと語る。

「考え抜いて感じたのは、親への感謝は素直に伝えるべきだということです。劇中の『僕』はそれができなくて、ぼくも最初は“後悔している暇があったら、今、目の前にいる母親に言えよ”と、感じながら演じていたんです。でも、自分に置き換えると、なかなかできることじゃない。いつもは照れくさくて言えないけど、せっかくその大切さに気づけたので、これからは生きかたも変えたい。『生んでくれてありがとう』と、伝えられる息子でありたいです」

 命や愛、幸せとは何かを問いかける作品で、身も心もまるごと役柄に捧げた。そんな現場では、「僕」の愛猫・キャベツの存在が心のオアシスとなったという。

「ひとり暮らしの今は猫を飼っていないけれど、飼っていたらたぶん、現場には毎日遅刻するでしょうね(笑い)。生まれた時から実家にはいつも猫がいて、人生で初めて『命がなくなる瞬間』を目の当たりにしたのも、飼い猫の死でした。猫がいなかったら、今のぼくにはなっていない。自分の人格を形成している大事な部分です」

 劇中でお気に入りのシーンを尋ねると、悩んだ末に「『僕』の胸元に入ったキャベツが、いい子にしているシーン」とはにかんだ。

「この映画を見ればきっと自分の人生を思い返します。ぼくにとっては母親や猫でしたが、心に刺さるシーンは見る人によって違うと思う。自分にとって大切なものは何か、何を希望として生きていくのか──できれば大切な人と一緒に、探してほしいです」

【プロフィール】
佐藤健/さとう・たける
1989年3月21日、埼玉県生まれ。映画『るろうに剣心』3部作、『バクマン』や、ドラマ『とんび』『天皇の料理番』など、数々の話題作に出演。2015年東京ドラマアワード主演男優賞や2016年橋田賞ほか受賞歴多数。川村元気のベストセラー『世界から猫が消えたなら』(小学館文庫)原作の映画『世界から猫が消えたなら』で主演(5月14日公開・東宝)。10月15日には映画『何者』の公開が控える。映画『世界から猫が消えたなら』オフィシャルフォトブック(小学館)が4月21日に発売。

撮影■樂満直城

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
2013年本屋大賞ノミネートされて映画化も決まった名作が文庫化
佐藤健&宮崎あおい 映画ヒット祈願で招き猫を奉納
『モテキ』P 「文章でしか表現できないことある」と小説執筆

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP