ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三島由紀夫を介錯した関の孫六 衝撃で真中からS字に曲がる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今から半世紀ほど前、憲法改正を訴え決起した小説家は、愛刀で歴史を変えようと試みた──。

 遺作『豊穣の海』を書き上げた1970年(昭和45年)11月25日、作家・三島由紀夫は自ら結成した「楯の会」のメンバー4人と陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地に乗り込んだ。憲法9条2項がある限り、自衛隊は「違憲の存在」でしかないと見ていた三島は、愛刀を手にしながら自衛官約1000人の前で憲法改正のため決起を促す演説を行った。約20分の演説後、総監室に戻った三島は割腹自決を図る。

 このとき三島を介錯した「関の孫六」こそ、剣道家で渋谷大盛堂(たいせいどう)書店の社長だった舩坂弘(ふなさかひろし)が著書の序文の礼として三島に贈ったものだった。三島はこれを軍刀拵えに直し、事件当日身につけていた。

 三島の介錯は同行した森田必勝(まさかつ)が行ったが、一太刀で切ることはできず、二太刀、三太刀目を振るうもうまく介錯できなかった。そこで古賀浩靖が刀を受け取り代わりに一太刀で三島を介錯した。

 関の孫六は介錯の衝撃で真中からS字に曲がったという。

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
イラクで活躍「ヒゲの隊長」 震災後の自衛隊の活躍を報告
三島由紀夫の「最後の晩餐」は鳥鍋 女将は「またいらして」
元防衛大臣・北澤俊美氏が震災時の自衛隊の働きを解説した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP