ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nextbit Robinは端末を逆さまにしても一部のアプリは利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nextbit の Android スマートフォン「Robin」で一部のアプリが端末を逆さまにしても普通に利用できることが分かりました。一般的に、Android スマートフォンの画面の向きは決まっており、自動回転を有効にした状態でも、逆向きにできる機種はほとんどありません。しかし、Robin の場合は自動回転を無効の場合でも、上図のように YouTube などの特定のアプリにおいて端末の向きを逆さまにしても UI も一緒に反転するのです。これはかなり珍しい機能です。ただ、ホームアプリを含めてほとんどのアプリは逆さまにならないので、対応アプリの場合にだけ逆向きでも利用できることになります。あまり意味はありませんが・・・。

■関連記事
Samsung、新しいウェアラブルデバイス「SM-R360」と「SM-V201」を開発中
Motorolaの日本法人、国内向けの公式サイトに「Moto X Play」と「Moto 360(2nd Gen)」の製品ページを掲載、Moto 360 for Womenの製品情報も
Huawei,デュアルカメラ仕様の「Honor V8」を5月10日に発表へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP