体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジアナンバー1の観光地!年間2000万人が訪れるバンコクの魅力

生活・趣味

日本人にも人気のタイの首都バンコク。マスターカードの調べによれば、アジア太平洋の観光地でバンコクが外国人に最も人気があると分かっています。

2015年に訪れた人は2000万人以上。同調査で3位に入った東京の2倍程度ですから、その圧倒的な人気度が分かりますよね。

東京の2倍!年間2000万人が訪れるアジアNo.1の観光地バンコクの魅力

そこで今回はバンコクのどのような魅力が観光客を引き寄せているか、まとめてみたいと思います。

バンコクは東京-横浜より人口密度が高い

東京の2倍!年間2000万人が訪れるアジアNo.1の観光地バンコクの魅力

タイのバンコクと言えば、どんなイメージがありますか? 世界にある主要都市圏の人口や人口密度を年に1度公表している『Demographia World Urban Areas』によれば、バンコク圏には1500万人ほどが暮らしているといいます。人口密度は東京-横浜エリア以上。

さらに年間で2000万人の外国人観光客が来るという数字からも分かるように、タイのバンコクはとにかくエネルギッシュで騒がしいです。

自動車は常に渋滞していますし、車の間を遠慮なくバイクが行き交っています。場所によってはぼーっと歩いていると通行人と接触も・・・。

マーケットは人でごった返していますし、言葉も分からない(英語すらなかなか通じない)ために初めての日本人にとっては何が何だかさっぱりわかりません。まさに混沌とした町といった印象ですね。

インドの大都市とはまたちょっと違った雰囲気で町全体がエネルギッシュにうごめいている感じが、良くも悪くも落ち着いた国に暮らす日本人観光客にとっては、すごく新鮮でいいのですよね。

ときにその雰囲気にほれてしまい、とりつかれてしまう人も・・・。筆者の友人は10代のころからタイに通い詰めて、見事タイのお嫁さんをもらいました。

バンコクは王宮の周辺が定番の見どころ

東京の2倍!年間2000万人が訪れるアジアNo.1の観光地バンコクの魅力

そのバンコク、どういった観光地があるのでしょうか? 主要な観光地は、スワンナプーム(バンコク)国際空港から見て西側、町の中を大きく蛇行するチャオプラヤー川の東岸に集中しています。

最大の見どころはやはり王宮の周辺。東岸にはバンコク最古の寺院「ワット・ポー」、西岸には暁の寺「ワットアルン」などがあります。

■関連記事
【タイ】有名な黄金の大仏様!バンコク最古の寺院「ワット・ポー」
http://tabizine.jp/2015/08/06/43297/

【タイ】バンコクで欠かせない定番スポット、暁の寺「ワットアルン」へ
http://tabizine.jp/2014/08/09/16726/

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会