ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『サンダーバード』日本放映50周年記念の音楽盤が第1位、広上淳一指揮、ガーデンオーケストラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsチャートは、広上淳一と東京ガーデン・オーケストラによる『サンダーバード 音楽集~オリジナル・スコアによる』が第1位となった。1965年制作のスーパー・マリオネットSF番組『サンダーバード』。世界各国でも人気を呼び、日本でも1966年に放送されて以来たびたび再放送されてきた。2016年の日本放映50周年を記念して、去年から様々なグッズなどが発売されている。本CDは作曲者バリー・グレイのオリジナル・スコアによる世界初録音作品。演奏はゲーム音楽をメインレパートリーとする若手演奏家によるオーケストラ、指揮は重鎮の広上淳一という注目盤だ。

 第2位は湯浅卓雄指揮、東京藝大シンフォニーオーケストラによる『信時潔:交聲曲海道東征』がチャートイン。2015年11月28日に東京藝術大学奏楽堂で行われた【信時潔没後50周年記念演奏会】のライヴ録音だ。日本初のカンタータ、交聲曲「海道東征」を、初演から70年以上を経て、オケ、合唱、児童合唱、総勢260人という大編成で蘇った。「海道東征」と縁深い「我国と音楽との関係を思ひて」「絃楽四部合奏」も同時収録。40ページの充実した解説書付き。

 第3位は諏訪内晶子の4年振りのリリースとなるアルバム『フランク:ヴァイオリン・ソナタR.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ/武満徹:悲歌』が先週に引き続きチャートイン。4月6日のアルバム発売後、9日からは、4年ぶりのリサイタル・ツアーを開始。15日にはタワレコ購入者のオリジナル特典100名限定のプレミアムイベントを行うなど、精力的な活動を行っている。

text:yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位「サンダーバード音楽集~オリジナル・スコアによる」広上淳一,東京ガーデン・オーケストラ
2位「信時潔:交聲曲「海道東征」他」湯浅卓雄,東京藝大シンフォニーオーケストラ
3位「フランク:ヴァイオリン・ソナタ/R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ/武満徹:悲歌」諏訪内晶子
4位「0歳からの育脳クラシック」
5位「Nana 15」Nana
6位「BEST OF THE THREE VIOLINISTS」葉加瀬太郎,高嶋ちさ子,古澤巌
7位「ブルックナー:交響曲第7番ホ長調 WAB.107(ハース版)」朝比奈隆,大阪フィルハーモニー交響楽団
8位「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&パガニーニ狂詩曲」アルトゥール・ルービンシュタイン
9位「ソナチネ・アルバム2(1)(第18-24番)」クリストフ・エッシェンバッハ
10位「「クロイツェル」ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集第2集」樫本大進

関連記事リンク(外部サイト)

4月25日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
HKT48「74億分の1の君へ」初動29万枚で初登場1位、宇多田新曲2曲がトップ10に同時チャートイン
氷室京介 初のオールタイムベストALが1位獲得、Perfumeと三代目JSBは勢い衰えず

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。