ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「80’Sサウンド満載の春の一夜」 リマール、ビルボードライブ大阪公演が終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫


音楽が巷にあふれかえっていた80年代、テレビは今より過大すぎるともいえるほど影響力があり、モンスター級の音楽番組を生み出した。
「MTV」は当時の洋楽ファンに多大なる影響を与えたプログラムだ。マドンナ、デュラン・デュラン、マイケル・ジャクソン等、新曲がリリースするたびに僕らはテレビにくぎ付けになり、友達との話題の一つとしたものだった。カジャ・グーグーもMTV世代のアーティストで「君はTOO SHY」が全世界的にヒット、ヴォーカルのリマールは奇抜なファッションと髪型、甘いマスクで世の女性たちをノックアウトした。その後彼はソロ活動を開始し、またまた大ヒットを放つ。映画「ネバーエンディング・ストーリー」のテーマ曲でこちらもよく「MTV」でオンエアされていた。

そして今、[BACK TO 80’S」と題されたステージに彼は立っている。注目の1曲目は、彼曰く「ドラマティックで、マッドリーで、クレイジーな」ナンバー、「kAJAGOOGOO」。ファンにとってはお馴染みの楽曲から80’Sのカバーまで、今の世代にとっては新鮮に映るいわゆる「NEW CLASSIC」満載のステージが展開されていく。
もちろん上記で述べた楽曲ももちろん、演奏。あっという間に時間は過ぎていった。ポップではじけるようなキラキラした80’Sサウンドが春の到来を予感させる、そんな一夜のライブであった。

東京公演は4月21日、22日。
まだまだときめきは終わらない。

◎公演情報
【リマール】
2016年04月21日(木)-22日(金)
ビルボードライブ東京
詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

リマール 来日記念特集&リマールが選んだ80年代プレイリスト、ビデオ・メッセージも公開!
ポール・マッカートニーの【One on One Tour】が開幕!「ア・ハード・デイズ・ナイト」と「ラヴ・ミー・ドゥ」をソロとして初演奏
来日間近!ダイアン・バーチに聴かせたい日本の楽曲の募集開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP