体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Motorolaの日本法人、国内向けの公式サイトに「Moto X Play」と「Moto 360(2nd Gen)」の製品ページを掲載、Moto 360 for Womenの製品情報も

Motorola Mobility の日本法人が国内向けの公式サイトにようやく「Moto X Play」と「Moto 360(2nd Gen)」の製品ページを掲載しました。両製品は既に販売中なのですが、これまで Moto X Play は未公開で、Moto 360 については第一世代の製品ページが掲載されており、公式情報が得られない状況でした。各製品ページでは、製品の主要スペックや機能を確認することができます。主要な情報は海外サイトや Google ストア、プレスリリースで確認できますが、Moto 360(2nd Gen)については、国内投入の発表されていない「Moto 360 for Women」の記載もあり、今後発売される可能性が出てきました。しかし、Moto X Play については、国内モデルが対応している FOMA プラスエリアの記載が無いなど、内容は若干中途半端です。Moto 360(2nd Gen)は既に Amazon.co.jp、楽天ブックス、SynnexStore、東急ハンズ名古屋店 4F の時計売場で販売されています。Source : Motorola

■関連記事
Huawei,デュアルカメラ仕様の「Honor V8」を5月10日に発表へ
AndroidベースのVRヘッドセット「Pico Neo」はSnapdragon 820入りのコントローラとドッキングする独特な製品
ローランド、ワイヤレスMIDI接続やAndroidとのBluetooth連携機能を備えた88鍵の電子ピアノ「FP-30」を5月28日に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。