体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本マグロを使った贅沢な“つけ麺”を食べてみた結果 @『最強ラーメンFes,』町田

takemoto015_R

日本各地の最強ラーメンが町田市のシバヒロに集う『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』ですが、いろいろなラーメンが町田駅の駅近で食べられるということで、近隣のラーメンマニアの話題になっている模様。

そんな感じの『最強ラーメンFes,』ですが、あえて言おう!

「来年も開催されるかどうかは、君達次第である!」

イベントが成功すれば来年もシバヒロで、全国の美味しいラーメンが食べられる予感ですので、開催期間中はいつものラーメンをキャンセルしてでも、この『最強ラーメンFes,』に足を運ぶと良いと思われます。

DSCF0437_R

ちなみに、言うまでもありませんがイベントがコケれば来年以降も開催されることはなく、しかも『最強ラーメンFes,』の面子でコケたとなると、他のラーメンイベントも逃げ腰になり、結果として

「未来永劫、町田市ではラーメンイベントが行われなくなる」

という恐ろしい可能性を肝に銘じて、ことの重大さを捉えると良いと思われます。

本マグロを使った贅沢なラーメン『竹本商店』

takemoto000_R

秋田県からやって来た『竹本商店』は、なんと“本マグロ”を使った“つけ麺”で勝負します。

勿論、流石に本マグロ100%ではなく、鶏も使っているのですが鮮魚を使ったラーメンのスープとなると珍しいかと思います。

もっとも、最近は町田市でも鮮魚系ラーメンと呼べるラーメンを提供している店があるので、町田市民的にはサプライズ感は薄めですが、逆に鮮魚を使ったラーメンの美味しさを知っているので、この『竹本商店』の『本マグロあら炊きつけ麺』も抵抗なく受け止める事が出来ます。

『本マグロあら炊きつけ麺』を食す!

takemoto016_R

町田には『81番』というマグロ的なラーメン店があるので、驚く要素は低めですが、やはり気になる一杯ですね。

しかも『本マグロあら炊きつけ麺』は“つけ麺”なのでスープの濃度も上げています。

takemoto019_R

結果、マグロ感はう~んと思った次第ですが、逆に濃厚な鶏白湯としてはイケると思った筆者です。

やはり鮮魚系は長時間煮続けると、鮮魚っぽさが飛んでしまい、逆に動物系のスープが強く感じてしまうので、そこら辺はやはり鮮魚系ラーメンの宿命ということなのでしょうか?

ラーメンに限らずスープと言うか出汁には味のピークがあるので、それを越して煮続けても美味しくはならないという説があり、そこら辺を考えると動物系に比べて鮮魚系の出汁はピークが短いのかもしれません。

takemoto017_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。