ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「お薬手帳」持参で医療費が安くなるってホント?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年4月に2年に1度の診療報酬改定があります。消費税率引き上げなどで値上げされるものが多い一方で「お薬手帳持参で医療費が安くなる」と話題になりました。気になる調剤のしくみについて調べてみました。

お薬手帳って持ってる?

お薬手帳は医療機関で処方された薬の情報を記録し、服用履歴を管理するために作られた手帳で、複数の診療科や医療機関にかかっている場合の投薬管理や飲み合わせのチェックに役立つことから2000年に国の制度となりました。薬をもらうのに時間がかかる、薬剤師の確保や薬の在庫に高い費用がかかる、病院ごとで使用する薬剤や薬価が違う、といった理由から、現在は病院内で調剤する院内処方から、調剤薬局での院外処方が主流となっています。院外処方は処方箋料のほかに調剤技術料や薬学管理料といった報酬がかかるため院内処方よりも割高になりますが、場所や時間を自分の都合に合わせやすい、またジェネリック薬品を選ぶことができるといったメリットもあるのです。

4月からどう変わったの?

今まではお薬手帳に情報を書き込んだり、飲み残した薬の量の確認、ジェネリック薬品の情報提供の「薬剤服用歴管理指導料」として410円(3割負担で120円)を薬局に支払わなければなりませんでした。ちなみにお薬手帳を持たない人の管理指導料は340円(3割負担で100円)。そのため、お薬手帳を持参する人も少なく、せっかく薬局が作成した薬剤管理情報も無駄になってしまうことが多かったのです。今回の改定でお薬手帳を持参した場合の管理指導料を380円(3割負担で110円)、お薬手帳が無い場合には500円(3割負担で150円)となったため、お薬手帳を持参した方が3割負担だと40円安くなるわけです。

ただし、条件があるので注意!!

お薬手帳を持参して管理指導料が安くなるのは【6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けた場合のみ】。同じ病院に通院している場合や、投薬が続いている人はお薬手帳を持参した方が安くなりますが、ほとんど病院にかからない場合や、別の薬局で処方してもらった場合には500円となるので安くはなりません。また、スマホアプリのお薬手帳に記録した場合、以前は報酬外でしたが4月からは同様の管理指導料がかかります。

実質的な値上げとも取れる今回の改訂ですが、お薬手帳に記録してもらうことで、その薬が効いていたか、自分に合っていたかなどの情報がわかりやすくなるので、個人的にはお薬手帳はあったほうが便利な気がしますが、いかがでしょうか?

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP