ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AndroidベースのVRヘッドセット「Pico Neo」はSnapdragon 820入りのコントローラとドッキングする独特な製品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Pico が Snapdragon 820 プロセッサを搭載したハイスペック仕様の Android VR ヘッドセット「Pico Neo」を発表しました。Pico Neo は Cardboard のようなスマートフォン収納型の VR ヘッドセットではなく、Android をベースのファームウェアを採用しており、スマートフォンを用いることなく、単体でバーチャルリアリティを体験できる製品です。本体の形状はよく目にする VR ヘッドセットのようなゴーグルタイプなのですが、Pico Neo ではヘッドセット自体にプロセッサやメモリは積まれておらず、付属あるいは別売の専用コントローラーに搭載されています。コントローラーヘッドセットは側面に取り付けることができ、ゲーム以外ではヘッドセット上のコントローラーと化します。このような設計にしたのは、本体が熱を持つことを軽減するだけではなく、PC 利用も可能にするためで、コントローラーがない場合には通常の半額ほどの安い値段で提供されます。Pico Neo は 6 月下旬に発売されると言われています。価格は $550 で、コントローラー無しの場合は $300 と言われています。

■関連記事
ローランド、ワイヤレスMIDI接続やAndroidとのBluetooth連携機能を備えた88鍵の電子ピアノ「FP-30」を5月28日に発売
艦これのAndroid版、5月下旬にも正式サービス開始
がうがう、Huawei Y6とHuawei GR5のソフトケース「GummiShell MOYA LITE」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP