ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6,000人を動員! 宗派を超えた“寺社フェス”ってなに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE平日夜の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。4月19日(火)のオンエアでは、寺社フェス「向源」を主催する、天台宗常行寺の副住職、友光雅臣さんをお迎えしました。
友光さんは大学時代、ハウスやテクノ音楽を愛し、渋谷や六本木でDJなどをされていたそうです。
「その頃の思いもあって、若者に楽しんでもらいたい」と“寺社フェス”を企画。宗派を超えたイベントを開催するわけですが、そもそも宗派はいくつあるのでしょうか。
「仏教は伝統宗派で大きくわけて8つあると言われていますが、なかなか顔を合わせる機会はなかったんです。ウチの常行寺が品川の宿場町にありまして、東海道沿いということもあり、近所にお寺や神社がいっぱいあります。地域のなかでいろいろな宗派の方と知り合わせていただきまして。インターネットでも“座禅の指導が上手なお坊さん”などさまざまな方を調べて『寺社フェスを一緒にやりませんか』とメールを出してお願していきました」(友光さん)
寺社フェス「向源」がスタートした2011年の頃は70人程度のイベントでしたが、昨年には6,000人規模になりました。「神道と仏教は仲が悪そうな気がしますが」と心配する小黒に対して、友光さんは「神道と仏教は、明治時代以前はずっと一緒にやってきたんです。僕自身、天台宗比叡山で修行していたときにも『比叡山を守る神様が守ってくれているおかげで修行ができる』と聞いていました。その流れで、神仏習合で寺社フェスを開催するというのは、僕にとってはむしろ自然な形」と教えてくれました。
寺社フェス「向源」は、ボランティアで運営しています。お坊さん50〜60人と神主さん10人程がお手伝いしているそうです。一般のボランティアは、昨年は300人が集まったそうですが、今年は500人くらい集まってもらえるとうれしいとのことでした。
天台宗常行寺副住職の友光さんのお話は、22日(金)まで続きます。お楽しみに!
【関連サイト】「LOHAS TALK」オフィシャルサイトhttp://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP