ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【直木賞作家】東山彰良の新連載『別冊文藝春秋』開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

20日発売された『別冊文藝春秋電子版7月号』から、「流」で直木賞を受賞した東山彰良さんの新連載「僕が殺した人と僕を殺した人」が開始されました。

東山彰良
1968年台湾台北市生まれ。
2002年「タード・オン・ザ・ラン」で第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞。
2015年「流」で第153回「直木賞」受賞。
2016年「本屋大賞ノミネート」。

内容は、デトロイトで逮捕された連続殺人鬼の謎をめぐる青春小説。また、今号から同じく朝比奈あすかさんの『人間タワー』、櫛木理宇さんの『AX』の新連載も開始。

巻頭対談で映画『64(ロクヨン)』の完成を記念して、原作者の横山秀夫さんと監督、瀬々敬久さんの対談の様子を紹介しています。俳優陣の熱演から、脚本をめぐる激しいやりとりまで、創作への執念と覚悟を語り尽くしており、ここでしか読めいない内容となっています。

他にも、冲方丁さん、近藤史恵さん、七月隆文さん、飴屋法水さんなど人気作家の連載や、熊谷達也さんの連載完結など充実した一冊となっております。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP