体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【サバ】奇跡のブランドサバ「お嬢サバ」を食べてきた!東京・浜松町「SABAR GEMS大門店」

f:id:Meshi2_Writer:20160307114113j:plain

店内は何から何までサバ一色!

「SABAR」という、サバ料理専門店があります。

1号店は大阪。創業から10年で着実にファンを増やし、京都、神戸、さらには東京と、現在は全国で10店舗にまで規模を拡大中の人気店。

特徴は何といっても「サバ一本」で勝負している点で、産地、重さ、身に含まれる脂質の割合などを独自に定義した「とろさば」だけを使用し、他の魚や肉類は一切使わず、全メニュー素材は“サバと野菜のみ”という潔さが最高なんです。

筆者は個人的にSABARの絶品とろさば料理、そしてオーナーであり「サバ博士」である、右田孝宣さんの大ファンなのですが、今回、そんな右田さんからかねてより聞いていたプロジェクト「お嬢サバ」の、数量限定での提供がついに始まったとのことで、2016年3月にオープンした東京・浜松町の「GEMS大門店」におじゃましてきました。

f:id:Meshi2_Writer:20160307113431j:plain

お店は、GEMS大門の5F。

SABARだけでなく、一軒丸ごと飲食店が入り、上質な「食」「時間」「空間」を楽しめる夢のようなビル。さっそくエレベーターで5階へ向かいます。

扉が開くとそこは別世界! SABAR GEMS大門店の内装コンセプトは“サバ宮城”で、竜宮城風の真っ赤な入り口の横には「サバ神社」なる一角があり、

f:id:Meshi2_Writer:20160307113447j:plain

サバみくじも引けるようになっています。

……冷静に考えると「サバ神社」? 「サバみくじ」?? ってなもんですが、あまり深く考えてもしかたなさそうなので、スッと横を通り過ぎ、

f:id:Meshi2_Writer:20160307113618j:plain

海を感じさせる店内へ。

f:id:Meshi2_Writer:20160307113657j:plain

グラス!

f:id:Meshi2_Writer:20160307113708j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。