体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜかアメリカ人が夢中になっている「Sushi Burger」がスゴかった!

生活・趣味

パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハイカロリーなものまで。もはややりたい放題。どうやらフードブロガーたちが火付け役のよう。では、ビジュアルインパクト大のハイブリッド寿司をどうぞ!

これもSushiと呼ぶ!?
スシバーガーがじわじわきてる

なぜかアメリカ人が夢中になっている「Sushi Burger」がスゴかった!

Photo by Condospalillos Japan

バンズをお米に代えた、日本で言うところのライスバーガーのようなこのシェイプ。各国でローカライズされ、その進化版とでも呼べる様々なSushiが、これまでにも数多登場してきた。最近では「スシブリトー」まである。

では、このスシバーガーブームは、いったい何故?なんせ「FOX News」もグルメコラム欄でわざわざ特集を組んで紹介するほどだ。曰く、ブームの背景には、これまで登場した「ラーメンバーガー」やスシブリトーなど、アメリカ人の口に受け入れやすいハイブリッド和食の成功が少なからず影響している様子。さらには、スシバーガーを提供する店も増え、フードブロガーを中心にInstagramがちょっとしたお祭り騒ぎとなっているようだ。

SAM ☾ MELBOURNEさん(@sobeautifullyraw)が投稿した写真 – 2016 3月 28 4:14午前 PDT

Photo by sobeautifullyraw

たとえば、こちらの女性フードブロガー。彼女が紹介したのは、ビーガンのためのスシバーガー。ジャックフルーツの薄切りを、照り焼きチキンに見立てて味付け、アボカド、赤キャベツ、紅しょうが、ビーガンマヨネーズをトッピングした。この投稿だけでも、3,500人以上がコメントし、2万件以上の“いいね”がついたことからも、人気の程が分かるのでは?
なぜかアメリカ人が夢中になっている「Sushi Burger」がスゴかった!

Photo by Superfood Sushi

照り焼きチキンをコールスロー、ケール、アボカド、赤キャベツなどと玄米ではさんだスシバーガー。これを両手で上手に食べることが、現実的に可能かどうかはわからない。
なぜかアメリカ人が夢中になっている「Sushi Burger」がスゴかった!

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会