体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鍾乳洞と絶景を満喫!スロベニアおすすめ観光名所13選

Photo credit: Yoshio Hasegawa「スロヴェニア;アルプスの瞳;ブレッド湖」

Photo credit: Yoshio Hasegawa「スロヴェニア;アルプスの瞳;ブレッド湖」

こんにちは! Compathy Magazineライターのkomiです。
豊かな自然と愛らしい街並みが魅力的な国、スロベニア。
バロック、ルネッサンス、アールヌーボーなど、さまざまな建築様式が用いられた建物が並ぶ旧市街地、スロベニアのシンボルともいえるトリグラフ山、幻想的な風景を見せてくれる鍾乳洞など、心に残る風景がたくさんあります。
今回はとびきり素敵な風景に出会える国、スロベニアのおすすめ観光スポットをご紹介します。

スロベニアってどんな国?

スロベニア共和国、通称スロベニア。スロヴェニアは、中央ヨーロッパに位置する国で、主要なヨーロッパの文化や交易の交差路である。
スロベニアは西はイタリア、北はオーストリア、南や南東はクロアチア、北東でハンガリーとそれぞれ国境を接している。
出典:スロベニア-Wikipediaより

面積:約2万256km²
人口:206万人(2013年時点)
首都:リュブリャナ
元首:ボルト・パホル大統領
政体:共和制
民族構成:スロヴェニア人90%、その他ハンガリー人、イタリア人
宗教:ローマ・カトリック教95%
言語:スロベニア語
通貨:ユーロ(€)

リュブリャナ

スロベニア中央部低地に位置する首都リュブリャナには、約28万人の人が暮らしています。1991年にスロベニアが独立を果たして以来、政治・行政・経済・文化・教育の中心地として、国を支えています。交通機関も整っているので、街中を観光するのにも困りません。

公式ホームページはこちら

1. 三本橋(トロモストヴイエ)

Photo credit: Nina Tsypnyatova「Short and magic Ljubljana trip」

Photo credit: Nina Tsypnyatova「Short and magic Ljubljana trip」

ルネサンスやバロック様式建築物が並ぶ旧市街地と、イスラム様式からギリシア様式までさまざまな文化の建物を見ることができる新市街地を結ぶ3本の橋です。
こちらの橋はスロベニアの建築家で、都市計画にも深く携わっていたヨジェ・プレチニックの手によって設計されました。始めは1本だった橋に歩行者用の2本の橋を付け加えたことにより、現在の姿になりました。

三本橋(トロモストヴイエ)/Triple Bridge(Tromostovje)
住所:Promostovje, Ljubljana 1000

2. リュブリャナ城

Photo credit: 新田浩之(Nitta Hiroshi)「センスがいいコンパクトな首都、スロベニア・リュブリャーナ」

Photo credit: 新田浩之(Nitta Hiroshi)「センスがいいコンパクトな首都、スロベニア・リュブリャーナ」

旧・新市街地を見下ろせる丘の上に建つリュブリャナ城。城の見張り塔には1848年頃から見張り番が住み込んでおり、火事の警告を知らせる役割など現在も担っています。
ウェディングホールやカフェ、リュブリャナの歴史について詳しく知ることができるミュージアムもありますよ。また開放されている展望台から眺める景色は、感動するほど美しいです!

リュブリャナ城(Ljubljana Castle)
住所:Grajska planota 1, 1000 Ljubljana
電話番号:386-1306-4293/386-5138-1690
開城時間:
(1月~3月、11月)10:00~20:00(4月、10月)9:00~21:00(6月~9月)9:00~23:00
(12月)10:00~22:00
料金:大人 10.00€、子ども・学生 7.00€
ホームページ:http://www.ljubljanskigrad.si/en/the-ljubljana-castle/

3. プレシェーレン広場

Prešeren Square by Jorge Lascar, on Flickr
“Prešeren Square” (CC) by  Jorge Lascar 

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy