体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルガリアはちょっとエッチだった…世界の国名の漢字表記一覧

戦時中にカタカナが使用できなかったころ、外国の国名はすべて漢字で表現されていました。

現代でもその名残で、「日◯首脳会談」のように漢字一文字で表されることがよくありますが、中には漢字一文字ではどこだかわからない、というケースもあります。

ここでは、一見漢字一文字で表されてもわからない国々を紹介します。

 

沙 (サウジアラビア)

mosque-1050478_640

photo by pixabay

国名を漢字にすると「沙特阿拉伯」と書きます。

多くの場合当て字のような形で表現されますが、「沙」は「さ」と読めますので、これは簡単な部類といえるでしょう。

 

叙 (シリア)

シリアは「叙利亜」と書きます。「叙」は「し」とは読みませんが、シリアは現地音に近い表記にすると「スーリーヤー」となるため、それに近い漢字があてられたと考えられます。

 

星 (シンガポール)

singapore-1065091_640

photo by pixabay

漢字で書くと「新加坡」となりますが、「新」とするとニュージーランドの略称と同じになってしまうため「星」となりました。

これは、かつて音訳で「星港」と表記されていたころの名残といわれています。

 

錫 (スリランカ)

スリランカは「錫狼」と書きます。スリランカはかつて「セイロン」とよばれ、それの漢字表記を「錫狼」としていました。そのため現在でも「錫」が用いられています。

 

塔 (タジキスタン)

漢字では「塔吉克斯坦」となり、中国語でも同じ漢字が当てられます。日本語では「汰爾奇斯坦」と漢字があてられることもあります。

 

馬 (マレーシア)

city-1284258_640

photo by pixabay

「馬」は「ま」と読めますので簡単に想像できますね。漢字表記では「馬来西亜」となります。

 

緬 (ミャンマー)

第二次世界大戦中にタイとビルマ(現在のミャンマー)を結んでいた、泰緬鉄道という鉄道がありました。

これは旧日本陸軍によって建設・運航されたものですが、当時からミャンマーは「緬甸(めんでん)」と呼ばれ、現在でも「緬」が略称として定着しています。

 

老 (ラオス)

漢字表記では「羅宇」となりますが「羅」はルーマニアの略語でもあるため、漢語の「老檛」から「老」の字が当てられています。

 

埃 (エジプト)

sphinx-1175828_640

photo by pixabay

漢字表記は埃及(読みはアイキュウ)となります。

これは当て字ではなく「砂埃が吹き及ぶ土地」というイメージから付けられたといわれています。

 

公 (コンゴ)

コンゴ共和国、コンゴ民主共和国(旧ザイール)とも「公」と書かれます。

両国は隣接していながら別々に「コンゴ共和国」と名乗っていた時代があり、その名残で表記も同じになっています。

 

突 (チュニジア)

camel-9958_640
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy