ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高級地鶏『青森シャモロック』を使った塩ラーメンに感動した! @『最強ラーメンFes,』町田

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

町田市のシバヒロで開催されている『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』ですが、第三陣はラーメンの方向性も色々で、今まで以上に多くのラーメンを食べ比べたくなる衝動に駆られます。

そんな中でも”鶏ベース”のラーメンが、ちょいちょい多いと思われ筆者的にも気になる店が多数あります。

そんな気になるラーメン屋さんのひとつが『若武者』で御座います。

『若武者』

はるばる福島県からやって来た『若武者』は、高級地鶏として知られる『青森シャモロック』を使ったラーメンと言う事で気になる存在だったりします。

さらに筆者の好きな“貝出汁”も加わるということで、鶏と魚介のダブルスープと一味違う世界を魅せてくれるとの期待もあります。

しかもシンプルな塩ラーメンで勝負というのですから、かなりの自信があると思われ、どんだけのスープを出してくれるんだよ『若武者』みたいな盛り上がり感が半端ありません。

ちなみに、この状態でイマイチだった場合、相当な勢いでディスる大人げない筆者で御座います。

『青森シャモロック塩鶏中華』を食す!

『青森シャモロック』と4種類の貝を使ったダブルスープということで、もはや不味いはずがないのは確定なのですが、どんだけ美味しいのか気になるところです。

まずスープですが、この時点で相当キテますね。

圧倒的な鶏ベースのコクと、貝出汁の繊細なスープが合わさる事で味に深みが感じられます。

しかし!

やはりベースである『青森シャモロック』の旨みが一番強く、あくまでも貝出汁はサポートに徹している仕上がりですね。

『最強ラーメンFes,』には美味しい鶏スープのラーメン店が多いのですが、その中でも確実にトップクラスの美味しさです。

筆者は別にブランド信者ではありませんが、やはり高級な食材である『青森シャモロック』にしか出せない味はあると思います。

正直、感動したと言っておきましょう。

独特な平打ち縮れ麺が激ウマである!

さらに筆者がアピールしたいのは平打ち縮れ麺の美味しさでしょうか?

かなり強めの縮れが加えられた麺は、加水率も高めで喉越しは良いのですが、スープの運びも良好で御座います。

しかも!

本当に強く縮れさせているので、麺の端っこがピロピロになっている部分もあったりします。

このピロった部分と麺の中心部の食感のコントラストが、筆者の好みでして一度で二度美味しい麺かと存じます。

添えられる具材はシンプル・イズ・ベストな感じか?

筆者はデフォルト(トッピング無し)縛りなので、さしてビジュアル的にガツンと来るモノは無いのですが、逆にこのシンプルさが『青森シャモロック塩鶏中華』の真骨頂かと存じます。

とは言え、歯触りの良い小松菜やメンマ、鶏腿肉を巻いた鶏チャーシューなど細部までコダワリを感じられる完成度の高さは流石です。

割と周囲の人達の豪華なトッピングにジェラシーを感じる筆者ですが、この『青森シャモロック塩鶏中華』に関してはこの形こそ至高ではないでしょうか?

『青森シャモロック塩鶏中華』 総評

貝出汁を期待して食べるとアレって部分もありますが、逆に『青森シャモロック』の美味しさを教えてくれる最高の塩ラーメンと思いました。

これは旨いと言わざるを得ない案件で御座います。

もっともラーメンと言うのは個人の好み、嗜好が分かれやすい料理なので、絶対的なラーメンってのは難しいのですが、より多くの人に好まれるであろう味ということでは、この『青森シャモロック塩鶏中華』を推したいですね。

それでは、是非みなさんもこの機会に『若武者』の美味しい『青森シャモロック塩鶏中華』を食べてみて下さい。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP