体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築50年の古ビルをリノベーションした、金沢発シェア型複合ホテル

築50年の古ビルをリノベーションした、金沢発シェア型複合ホテル

北陸新幹線開通から1周年を迎える北陸の古都・金沢にシェア型複合ホテルが3月18日にグランド・オープンした。金沢観光の中核、ひがし茶屋街から徒歩3分という場所に位置するTHE SHARE HOTELS「HATCHi 金沢(ハッチ カナザワ)」だ。ホテルの企画・運営を手がけるのは、2005年の設立以来、首都圏のマンション・一戸建て住宅などの既存建物をリノベーションし再生する事業に取り組んできたリビタ(東京都渋谷区)だ。リビタにとっては北陸・金沢という本拠地を離れた土地で、また宿泊施設についてその企画から運営まで取り組むのは、いずれも初めてのことだ。コンセプトは「北陸ツーリズムの発地」だという。

常務取締役の内山博文さんは「地方に出かける機会が多いが、魅力的なホテルが少ない。地方創生が掲げられ、海外からの旅行者の増加に伴い地方都市にも流入する傾向があるものの、その受け皿は貧弱です」と現状を評価する。また「近年の旅行者は、地域に根ざした体験やコンテンツ、人との関わりを求めています」と説明する。こうしたニーズにこたえるために既存建物のリノベーションによる宿泊施設という取り組みに加えて“ディープな北陸へと誘うためのしかけ”を、「HATCHi 金沢」に盛り込んだという。

「HATCHi 金沢」の中身について紹介する前に、東京のリビタが金沢でホテル事業に取り組むきっかけについて少しふれる。

そもそも、金沢出身のリビタ社員、北島優さんが、リビタ社内で新規事業として、既存ストック活用による地域の食や文化芸術なども盛り込んだ複合的な宿泊施設の事業を提案したことにはじまる。北島さんの、地元・金沢への想いをベースにしながら、インバウンド需要を見込みむと共に、新しい体験型の宿泊という提案を含んだ事業立案だった。そして、北島さんは旧知の(有)E.N.N.代表で「金沢R不動産」を運営する小津誠一さんに、金沢の有休不動産について宿泊施設への用途転用・リノベーションを念頭に物件探しを依頼した。

幸いなことに、程なく候補となるビルが見つかった。金沢市街地からひがし茶屋街へアクセスする浅野川大橋の傍、築50年、地下1階・地上4階建てのビルだった。この建物は、もともとは仏具店として、地下は飲食店として利用されていた。リビタは設立10年を迎える機会でもあり、この建物を買い取り、宿泊施設として用途転用する決断をしたのだという。プロジェクトリーダーには北島さんが就くことが決まった。【画像1】「HATCHi金沢」全景。地下1階、地上4階建て。ドミトリーと個室合わせて宿泊定員は94名(写真撮影:村島正彦) 【画像1】「HATCHi金沢」全景。地下1階、地上4階建て。ドミトリーと個室合わせて宿泊定員は94名(写真撮影:村島正彦)【画像2】通りに面する1階には、コーヒーショップ、レストランなどが入り、宿泊客でなくても気軽に立ち寄ることができる(写真撮影:村島正彦)

【画像2】通りに面する1階には、コーヒーショップ、レストランなどが入り、宿泊客でなくても気軽に立ち寄ることができる(写真撮影:村島正彦)

1階は、地元の味に触れられる場に

北島さんは、北陸、金沢の人や文化に触れる手立てとして3つの取り組みを行った。

1つ目は、ローカルコミュニティと出会えるグランドフロアだ。建物の1階は、ひがし茶屋街と金沢市街地を結ぶ観光客が直接目にふれ、アクセス可能なフロアでもあることから、金沢で実績のある人気飲食店や物販店に入ってもらった。国内はもとより海外からの観光客がたたずみ、飲み食べ、買い物することで、交流を図ってもらうことを考えたからだ。

飲食店としてひとつめには休憩や旅のプランを考えてもらえるよう地元の人気のコーヒースタンド「HUM&Go# (ハム&ゴー)」が。

1 2 3 4 5次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。