ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

E.ヴォーゲル氏 日本の発展のために大学9月入学を提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の著書で知られるエズラ・ヴォーゲル氏。その出版から37年、不況が常態化し、隣国・中国の成長を目の当たりにするなか、再び我々は自信を失いつつある。今回、ヴォーゲル氏に「2050年の日本」についてインタビューした。

  * * *
 2050年を見た場合、日本は人口が減って、中国やインドと違って、経済成長も期待できない。日本は今、世界第3位の経済大国ですが、4位、5位と転落して、これまで持たれていたような“優れている国”というイメージはなくなると思います。世界のトップクラスにではなく、ヨーロッパと同じレベルの中間クラスに属する国になると予測しています。

 しかし、予測されるそんな未来を改善していくことはできると思うのです。そのために第一に重要になるのが、本田宗一郎や松下幸之助のように、ハングリー精神が旺盛で、大胆なリスクが取れるオーナー企業が生まれること。日本の大企業はリスクを取らなくなり、すっかり官僚的になってしまいました。サムスンが東芝や日立を追い越してしまったのもそのあたりに大きな原因があります。

 第二に、日本はもっと国際化を進めるべきです。優秀な外国人を雇用していた明治時代と比べても、現在の日本の国際的環境作りはお粗末です。日本人の英語力は40年前と比べれば少しは良くなったものの、まだ十分とは言えない。

 大学ではどんどん英語を使うようにすべきでしょうし、他国に合わせて、大学を9月入学に変更して、優秀な外国人を呼び込むべきです。

 日本企業の国際化も重要です。全世界の情報が集まって来るシリコンバレーには、中国やインドの企業は数多く進出していますが、日本企業も、もっと進出すべきでしょう。

 第三に、日本には優秀な官僚がたくさんいるので、1970年代のように、政治家が官僚の話に耳を傾けることも重要かもしれません。

 世界での競争力が落ちてしまった日本のモノ作り企業ですが、先進技術やエンジニアの勤勉さという日本の大きな武器をいかせば、まだ競争力を維持できると思います。

 この10年のうちには、無人自動車が出てきますが、自動車などの機械分野では、日本はまだ強さを発揮できるでしょう。ロボット技術も注目されていますし、人工知能も、海外でもっと勢いをつければ、期待できると思います。

 また、今後10~20年は、日本にとってはeコマースなどの情報産業が重要になり、その中で日中関係は深まってくると予測しています。今、中国人の“爆買い”が起きていますが、日本が先進技術で作った物を中国人が買うという傾向は、どんどん進んでいくでしょう。

 観光の点では、昨年は、中国から日本への訪問が500万件ありましたが、これも、もっと増えていくと思います。

 学問の点でも、日本から中国に留学する学生の数が、米国に留学する学生の数を追い越しました。学問、観光、経済で、日中関係は強化され、環境や医療面でも、協力体制に入ると思います。その意味で、東アジアの将来について、私は楽観視しているのです。

●取材・構成/飯塚真紀子 (在米ジャーナリスト)

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
中国のネットで流行る歌 「日本殺すにゃ武器要らず」
本来医療品であるべき「義歯」 現状雑貨扱いで中国から輸入
パナソニック幹部「韓国台湾企業の技術、販売力は日本以上」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP