体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福島第1原発で作業の50代男性死亡 東電「被ばくとの因果関係ないと判断」

松本純一原子力・立地本部長代理、東京電力記者会見にて

 東京電力は2011年10月6日午前11時からの記者会見で、福島第1原発で作業に従事する協力会社の50代男性作業員が、本日午前5時ごろに亡くなったとの連絡があったと発表した。

 東京電力によると、男性はことし8月8日から、福島第1原発の施設内でタンク設置工事に従事しており、昨日10月5日午前7時ごろ、朝礼の前に体調不良を訴え、Jビレッジに搬送。その後、いわき市立総合磐城共立病院に移送され治療を受けていたという。

 会見で、東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は、

「(死亡した作業員の)被ばく線量のトータルは2.02ミリシーベルト。被ばく線量と体調不良の因果関係は無いと判断している。ただ、死亡診断書が出ていないので、詳細については今後確認する」

とし、死因が被ばくによるものではないと判断していることを説明した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]東電会見での作業員死亡の発表から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66350512?po=news&ref=news#11:43

(山下真史)

【関連記事】
原発事故の賠償は「国民が税金で負担。株主は守られた」
東京電力が「黒塗り」に固執した理由
東電、”分厚い”損害賠償請求書について釈明「書く気をなくさせようということは決してない」
「辛抱できなくなってきている」 面会した兄が語る東電OL殺害事件の受刑者
新たに原発作業員1名が内部被ばくの可能性 恐れのあった4名は内部取り込みなしと発表

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。