ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あっさり派にオススメ!『麺屋宗』の『金色香味らぁ麺』 @『最強ラーメンFes,』町田

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

個人的に超盛り上がっている『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』ですが、その名にふさわしい最強ランカーが揃って出店しています。

そんな『最強ラーメンFes,』ですが、さしてラーメン通でもない筆者的には初めて聞いた店名も少なくありません。

こんだけ書いておいて今更感は否めませんが、いわゆるコアなラーメン狂に比べたら筆者の価値はミトコンドリア程度で御座います。

というわけで、珍しく下から目線でスタートですが、初見の『麺屋宗』には興味津々な筆者です。

「ラーメンには詳しくないが美味い食べ物を探すセンスはある」

と自負しているので、コレは期待出来るんではなかろうか?

器にコダワル『麺屋宗』

ほぼほぼ予備知識はゼロなので、サクっと『麺屋宗』の公式ホームページを検索する筆者で御座います。

すると、どうでしょう?

「柳宗理の器の良さを知ってもらう為に作ったラーメン屋さん」

的な事がトップページに書かれている次第で御座います……。

「ラーメンスタートじゃないんかい!!」

みたいな突っ込みが必須なくらい、ガチンコ勢が集う『最強ラーメンFes,』に、そんなライトなスタンスで大丈夫なのでしょうか?

いや、もう『最強ラーメンFes,』に訪れた人なら周知の事実ですが、あえて言おう!

「最強ラーメンFes,では使い捨て容器に統一されている件」

もはや店のコンセプト全否定スタートな『麺屋宗』に、若干の不安を覚えるような覚えないような筆者です。

『金色香味らぁ麺』を食す!

器が柳宗理でない時点で多大なハンデを背負っている感は否めません。

しかし!

結構、直感で食べ物を選んで外れない筆者の目に、狂いはありませんでした。

ビジュアル的には普通にこぢんまりと“まとまった感”のある『金色香味らぁ麺』ですが、これは直感的に“旨い!”と思わせる気がします。

清湯スープとは、なんぞや?

スープは鶏清湯&魚介と言う事で、ある意味ベーシックスタンダードなラーメンなのですが、実に洗練された味で御座います。

雑味も無く鶏臭さも無く、まさに清湯スープと呼ぶに相応しいスープです。

しかも!

魚介の香りが立っていて、非常に飲みやすいのも良いですね。

さらにラーメンに付き物の“油”も必要最小限なので、油っぽいのが苦手な人にもオススメ出来る一杯です。

鶏清湯スープに絶妙な麺を合わせた『金色香味らぁ麺』

さらに筆者が気に入ったのはコシのある麺ですね。

僅かに小麦粉の粒が見える麺は、適度に小麦粉の美味しさを残した製粉の小麦粉、もしくは全粒粉を混ぜて使っている予感です。

この中細麺には微妙な縮れが加えれているので、スープの運びも良くバランスが取れています。

揚げたネギも肝である!

トッピングとして珍しいのは、揚げられたネギが添えられている点でしょうか?

これが麺と絡んで運ばれるので、シンプルな『金色香味らぁ麺』に丁度良いアクセントになっています。

さらにメンマの美味しさや、備長炭で炙って仕上げるチャーシューの美味しさも特筆に値します。

特にメンマは柔らかくて良かったですね。「メンマの美味しいラーメン屋は旨い!」という説が再び実証されました。

『金色香味らぁ麺』 総評

個性的なラーメンの中にあって、あまり目立たない感じの『麺屋宗』ですが、その実力は『最強ラーメンFes,』に相応しいモノでした。

特にあっさり系のラーメンが好きな人にはマストな一杯になるかと思われるので、割と万人にオススメ出来る貴重なラーメンですね。

ラーメンの中に個性というかキャラクターを求めると、どうしても濃い味付けになったり変な方向に走りがちですが、あえて素材とシンプルさを突き詰めたラーメンも、一定のレベルと超えると化ける可能性があります。

是非、この方向で磨きをかけて欲しいと思った筆者で御座います。

それでは、是非みなさんも『麺屋宗』の美味しいラーメンを食べに、町田シバヒロで開催されている『最強ラーメンFes,』に訪れてみて下さい。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP