体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あっさり派にオススメ!『麺屋宗』の『金色香味らぁ麺』 @『最強ラーメンFes,』町田

sou015_R

個人的に超盛り上がっている『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』ですが、その名にふさわしい最強ランカーが揃って出店しています。

そんな『最強ラーメンFes,』ですが、さしてラーメン通でもない筆者的には初めて聞いた店名も少なくありません。

こんだけ書いておいて今更感は否めませんが、いわゆるコアなラーメン狂に比べたら筆者の価値はミトコンドリア程度で御座います。

というわけで、珍しく下から目線でスタートですが、初見の『麺屋宗』には興味津々な筆者です。

「ラーメンには詳しくないが美味い食べ物を探すセンスはある」

と自負しているので、コレは期待出来るんではなかろうか?

器にコダワル『麺屋宗』

sou000_R

ほぼほぼ予備知識はゼロなので、サクっと『麺屋宗』の公式ホームページを検索する筆者で御座います。

すると、どうでしょう?

「柳宗理の器の良さを知ってもらう為に作ったラーメン屋さん」

的な事がトップページに書かれている次第で御座います……。

「ラーメンスタートじゃないんかい!!」

みたいな突っ込みが必須なくらい、ガチンコ勢が集う『最強ラーメンFes,』に、そんなライトなスタンスで大丈夫なのでしょうか?

sou002_R

いや、もう『最強ラーメンFes,』に訪れた人なら周知の事実ですが、あえて言おう!

「最強ラーメンFes,では使い捨て容器に統一されている件」

もはや店のコンセプト全否定スタートな『麺屋宗』に、若干の不安を覚えるような覚えないような筆者です。

『金色香味らぁ麺』を食す!

sou014_R

器が柳宗理でない時点で多大なハンデを背負っている感は否めません。

しかし!

結構、直感で食べ物を選んで外れない筆者の目に、狂いはありませんでした。

ビジュアル的には普通にこぢんまりと“まとまった感”のある『金色香味らぁ麺』ですが、これは直感的に“旨い!”と思わせる気がします。

清湯スープとは、なんぞや?

sou021_R

スープは鶏清湯&魚介と言う事で、ある意味ベーシックスタンダードなラーメンなのですが、実に洗練された味で御座います。

雑味も無く鶏臭さも無く、まさに清湯スープと呼ぶに相応しいスープです。

しかも!

魚介の香りが立っていて、非常に飲みやすいのも良いですね。

sou018_R

さらにラーメンに付き物の“油”も必要最小限なので、油っぽいのが苦手な人にもオススメ出来る一杯です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。