ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

当たり前に食べているけど、本当は「食べないほうがいいモノ」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「食べ物は残さず食べましょう!」なんて言いますが、健康のためにも時には「食べない」という選択も必要です。私たちの身近な食材の中で、食べないほうがいいモノを紹介しましょう。

01.
ホタテの
「ウロ」

殻付きホタテについている黒い部分を「ウロ」と呼びます。このウロは、毒素が集まりやすい部分。食べたからといって、すぐに病気になったりすることは考えにくいものの、貝毒の可能性や重金属の蓄積につながるとされています。

魚介の肝が好きな方はウロも好んで食べてしまう方もいるかもしれませんが、取り除いてから食べるようにしてくださいね。

02.
乾燥ひじきの
「戻し汁」

ひじきは、無機ヒ素を多く含む食品です。ヒ素を一度に大量に摂ったり、長期にわたって摂ることで、嘔吐や下痢をともなう中毒になってしまうことも……。

とはいえ、ひじき自体は決して危険な食べ物ではありません。無機ヒ素は、ひじきを戻す際にでる戻し汁に流れ出る性質があります。ひじきを使用する場合は、水で30分以上戻して、戻し汁は捨て、水洗いしてから使用すればOK。その後に茹でると、ヒ素はより減少します。

03.
じゃがいもの
「芽や緑色の部分」


これは知っている人も多いかもしれませんね。じゃがいもの芽や緑色になった皮の部分を食べるのはNGです。これらには、天然毒素の一種であるソラニンやチャコニンが多く含まれます。これらを摂取すると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることも。

じゃがいもの芽は取り除く際に、皮に緑色の部分を見つけたら、そこは厚めに皮むきを! それだけでOKです。

3つの中には、知らずに食べてた……というものはあったのでは? もちろん、それぞれ危険な食材というわけではないので、ちゃんと処理をして味わってくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

Q.これは食べてた……というモノは?
・ホタテのウロ・ひじきの戻し汁・じゃがいもの芽と緑っぽい皮

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

おでんの巾着(きんちゃく)に入れると美味しい「意外なモノ」3選
自宅でお店並みのウマいモツ鍋ができる!簡単な下処理だけで一気にレベルUP

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP