ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Viberがv6.0にアップデート、エンド・ツー・エンドの暗号化に対応、チャットを隠す機能も追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽天傘下の Viber Media が提供しているチャットアプリ「Viber」が v6.0 にアップデートされました。v6.0 はメジャーアップデート版となっており、このバージョンでアプリにエンド・ツー・エンドの暗号化機能が追加されました。これで Viber ユーザー同士でやり取りしたメッセージが暗号化されるようになり、たとえば不特定多数の人が利用している公衆無線 LAN でのセキュリティが強化されます。メッセージの暗号化はマン・ツー・マンのチャット、グループチャット、クロスプラットフォーム間でのチャットが対応しており、メッセージ上の南京錠アイコンで暗号化されたのかを確認できます。また、特定のチャットをアプリ上から非表示にする機能に対応し、チャットルームの設定メニューから有効化できます。隠したチャットは PIN 認証を経て確認できるので、見られたくないチャットを他人の目に触れないようにできます。「Viber」(Google Play)

■関連記事
Moto G(4th Gen)のプロトタイプを使ったハンズオン動画が流出
CyanogenMod 13 Snapshotビルド第2弾がリリース
ZTE、Nubiaの新モデル「Nubia Z11 mini」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP