ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

8年ぶりに全米TOP10入りしたガールズ・グループ=フィフス・ハーモニーによる中毒性抜群の「ワーク・フロム・ホーム」(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
8年ぶりに全米TOP10入りしたガールズ・グループ=フィフス・ハーモニーによる中毒性抜群の「ワーク・フロム・ホーム」(Song Review)

 2015年、「ワース・イット」の大ヒットでブレイクした、フィフス・ハーモニー。全米アルバム・チャートで5位にデビューした、デビュー・アルバム『リフレクション』に続く、2ndアルバム『7/27』が、5月20日に発売されることが決定し、本作からの先行シングル「ワーク・フロム・ホーム」が、最新の米ソング・チャート(4月30日付)で、7位まで上昇するヒットを記録している。

 フィフス・ハーモニーと同時期にデビューした、LA出身のラッパー、タイ・ダラー・サインをゲストに迎えた最新のR&Bトラックで、プロデューサーには、ビヨンセやケイティ・ぺリー、ケシャなどのヒット曲を手掛けた、アモが担当している。ミッドテンポのフロアライクなナンバーで、ラジオやクラブでへヴィプレイされるのも納得の1曲。

 「ワーク、ワーク、ワーク…」と繰り返されるサビが、リアーナの「ワーク」とカブっている?と話題になっていたが、実はこの曲、当初は「ワーク」というタイトルだったそうで、リアーナがこのタイトルでリリースするということを受け、彼女に敬意を表し、タイトルを変更したという噂も浮上している。とはいえ、「二番煎じ」や「パクリ?」という印象は一切なく、フィフス・ハーモニー独自の世界観が確立されている。

 間もなく2億回の視聴回数を記録する公式ビデオは、工事現場でマッチョな男性と絡み合うシーンが印象的で、「仕事なんてしないで2人で愉しみましょう」と歌う内容が、ポップに描かれた内容に仕上がっている。5人の立ち位置も絶妙で、ガールズ・グループらしい映像が楽しめるのがウレシイ。

 全米ソング・チャートで、ガールズ・グループがTOP10入りを果たしたのは、2008年の夏に9位をマークした、プッシーキャット・ドールズの「ホエン・アイ・グロウ・アップ」以来、およそ8年ぶりとなる。フィフス・ハーモニーの大ブレイクをキッカケに、90年代のR&Bシーンのように、ガールズ・グループが再燃してくれれば、ミュージック・シーンはさらに盛り上がるだろう。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

リアーナが米ソング・チャート7週No.1、フィフス・ハーモニーが初のトップ10入り
フィフス・ハーモニーが2週連続洋楽チャート1位を制覇、“ワイスピ”で話題のチャーリー・プースも好発進
1Dと同じ番組出身のフィフス・ハーモニーが、ゼイン脱退について語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。