体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外ひとり旅で淋しくなったときに試してみたい5つのこと

海外ひとり旅をマックスに楽しむ! 旅先でさみしくなったときに試してみたいこと5つ

自由気ままな海外ひとり旅。初めのうちは「ひとりは最高!」と感じでも、単独行動をさみしく感じるときもあるかもしれません。

海外ひとり旅をマックスに楽しむ! 旅先でさみしくなったときに試してみたいこと5つ

17歳の時から海外ひとり旅をこよなく愛する筆者が、ひとり旅でキャッチした情報や経験をもとに、旅先でもさみしくならないコツをお伝えします。

現地の無料ウォーキングツアーに参加

市内観光をひとりでするのもいいけれど、現地の観光局や企業が行っている無料ウォーキングツアーに参加するのもひとつの手。例えばシドニーやメルボルンには「I’m Free Walking Tours」という、シドニーやメルボルンで見ておきたいスポットを歩いてまわる、無料のウォーキングツアーがあります。

海外ひとり旅をマックスに楽しむ! 旅先でさみしくなったときに試してみたいこと5つ
(C) I’m Free Tours 2015

ツアーに参加した人と親しくなれるのはもちろん、現地在住ならではのガイドさんから、旅のティップスを教えてもらえるというメリットも! こういったウォーキングツアーの情報は、現地の観光案内所にて入手することができます。

現地の人や同じくひとり旅をしている人たちと交流を図るのもひとつ。でも疲れているときなど、さみしくてもひとりで過ごしたいときもありますよね。続いてはそんなときにぴったりの方法をお届けします。

現地の日本語フリーペーパーをチェック!

バンコクやクアラルンプール、ニューヨークにパリなど、観光客が多く訪れる土地ではほぼ100%、街中で日本語のフリーペーパーを見つけることができます。フリーペーパーにはその土地の最新情報が掲載されているだけでなく、現地でのイベントなども網羅。人と触れ合うきっかけになるほか、日本語に触れることでさみしさが少し和らぐかも!?

海外ひとり旅をマックスに楽しむ! 旅先でさみしくなったときに試してみたいこと5つ

インスタントのスープやフリカケなど、食べ慣れた食品を持っていく

ホームシックというほどではないにしろ、ひとりでの食事がさみしく感じたり、現地の味に飽きてくることもあると思います。食べ慣れた味が恋しい・・・そんなときには、日本から持ってきた食品が大活躍! お湯を注げばすぐに食べられるインスタントのスープや味噌汁、ごはんだけでなくサラダやパスタにかけても美味しくいただけるフリカケなど、なるべくかさばらないものを選んでみましょう。食べ慣れた味を口にすれば、ほんの少し前向きな気分になれそうです。

海外ひとり旅をマックスに楽しむ! 旅先でさみしくなったときに試してみたいこと5つ

飲み会や食事が楽しめる、外国人交流サイトに登録

ひとりで行動するのがさみしく感じたときには、現地の人たちや外国人との交流が図れる「Inter Nations(インター・ネイションズ)」などのサイトに登録してみてはいかがでしょう? インター・ネイションズは英語になりますが、世界390都市で毎日のように食事会やイベントを開催している大規模な交流サイトです。筆者もフランス南部のトゥールーズという都市で飲み会に参加したことがあります。しっかりした組織なので、自信をもってオススメできるサイトです!

海外ひとり旅をマックスに楽しむ! 旅先でさみしくなったときに試してみたいこと5つ
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。