ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

可愛さに胸キュン!フランスで訪れたいマカロンの人気店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Natsumi「ロンドン&パリ」

Compathy Magazineライターのさとりんです。
わたしの大好きなスイーツの1つであるマカロン。マカロンのあの丸くてコロンとしたフォルムと色鮮やかな色がとってもかわいくて、複数個買ってしまうのがお約束! だってその方が色のコントラストがかわいいから!
日本ではマカロンをモチーフにした雑貨や小物類が大人気ですよね。マカロンを手土産として持って行くだけでも、自分の評価がワンランクアップできてしまうんじゃないかな?
スイーツの激戦区でもあるフランスで国民の心を掴んだ、マカロン。
今回は、フランスのパリにある人気のマカロンが食べられるおすすめのパティスリーをご紹介します。

マカロン(パリ風)とは

固めに泡立てた卵白と砂糖とアーモンドプードルなどを使用し、オーブンで焼いたスイーツ。外側はサクサク、内側は柔らかめの食感の2枚の生地にクリームやガナッシュなどを挟んだものです。
現在はフランスを代表するお菓子となっているマカロンですが、発祥地はイタリア。語源は「マカロニ」で、「マコロン」や「マキャロン」とも呼ばれています。
16世紀にフランスの国王のもとに、フィレンツェの大富豪であるメディチ家の1人が嫁いだことがきっかけでパリに伝わったとされています。

1. ラデュレ (Laduree)

Photo credit: Natsumi「ロンドン&パリ」

創業1930年と、歴史のあるお菓子屋さん。日本でもファンが多く、ラデュレのスイーツにはまってしまった人たちのことを「ラデュレニスト」と呼ぶほどの人気です。
ラデュレでマカロンを売り始めたのは、20世紀半ばのこと。現在では定番化している2枚のアーモンド生地でクリームやジャムをサンドしたパリ風マカロン。これを作ったのが、このラデュレの経営者であるピエール・デフォンテーヌなんです。また、ラデュレはNIKKEIプラス1の「おすすめのマカロン」では、第1位に輝きました。
そんなラデュレのマカロンの特徴は、深みのある甘さと、フレーバーがとても豊富なこと。さらにはシーズン毎や世界で展開している店舗ごとにその店舗限定のフレーバーがあります。日本の店舗であれば、抹茶、黒ゴマ、梅味などのパリ風マカロンがありますよ。
また、ラデュレは「サロン・ド・テ」という、ティールームでスイーツとお茶を一緒に楽し
むというスタイルをはじめて生み出したお店でもあるんです。
是非、ラデュレでしか味わうことができないフレーバーのマカロンを楽しんでみて下さい。

Photo credit: Hazuki Ikeda「美しい街並 初めてのparisを歩く」

■おすすめの商品
・マカロン・ピスタッシュ
マカロンと言えば定番のピスタチオフレーバー。ラデュレでも人気の商品です。甘すぎないため、シャンパンなどと一緒に味わうのがおすすめ。

・マカロン テ・マリー アントワネット
透き通った青い色が印象的なこのマカロン生地には、ラデュレで人気の紅茶「テ・マリー・アントワネット(ジャスミン、ドライフルーツ、シトロン、バラ、ハチミツのブレンドティー)」が練り込まれています。そして、ホワイトチョコレートをサンド。ほのかに香る紅茶の香りがとても上品。

・フランボワーズ
ラズベリーの甘酸っぱい風味の中にある甘さが後をひくマカロン。暑い夏にすっきりとしたいときに、また冬にはココアドリンクと一緒に食べるのもおすすめ。

ラデュレ (Laduree)
■パリ(シャンゼリゼ店)
住所:75, avenue des Champs Elysees, 75008
電話番号:+33 1 40 75 08 75
営業時間:
【レストラン】
月~木 7:30~23:30
金 7:30~24:30
土 8:30~24:30
日 8:30~23:30
【ショップ】
月~金 7:30~23:00(土・日 7:30~22:00)
アクセス:メトロ1「George V」より徒歩約1分
ウェブサイト:http://www.laduree.fr/

■東京(銀座店)
住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 2F
電話番号:03-3563-2120
営業時間:10:30〜20:00
ウェブサイト:http://www.laduree.jp/

2. パティスリー・サダハル・アオキ (Pâtisserie Sadaharu AOKI paris)

Provided by

パリやスイスで修業をした世界で注目されている青木定治さんのパリのお店です。パリにオープンしたのは1998年のことで、2011年にはフランスの最優秀パティシエに選ばれました。
そんな彼のパティスリーを代表するのがマカロン。マカロンがおいしいと言われているお店を食べ歩き、いろんな店のマカロンを研究し、彼のオリジナルの製法と配合でできたマカロンが作り出されました。彼のマカロンには抹茶や山椒など日本らしいものがよく使われます。
他店に比べ、彼のマカロンはクッキーのようなサクサクとしたマカロン生地で、クリームとの相性も抜群なのが印象的。
海外で活躍する日本のパティシエのマカロンを是非、味わってみて下さい。

Provided by

■おすすめの商品
・マカロンシトロン
レモンのさわやかな酸味とほろ苦さがバランスよくマッチしていて、甘さ控えめの大人向けのマカロン。

・マカロンマッチャ
青木定治さんによって、はじめてマカロンに和の素材が取り入れられたとも言われています。そんな彼が作った自慢のマッチャクリームをサンドしたマカロンは、クリームの程よい甘さと抹茶の香りが立った上品なお味。

パティスリー・サダハル・アオキ (Pâtisserie Sadaharu AOKI paris)
■パリ(ヴォジラール店)
住所:35 rue de vaugirard 75006 Paris フランス
電話番号:01 45 44 48 90
営業時間:火~土 11:00~19:00(日 10:00~18:00)
定休日:月曜日
ウェブサイト:http://www.sadaharuaoki.com/
■東京(丸の内店)
住所:東京都千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル 1F
電話:03-5293-2800
営業時間:11:00~20:00
アクセス:
・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D3出口より直結
・JR「有楽町駅」より徒歩約2分
・都営地下鉄千代田線、三田線、日比谷線「日比谷駅」より徒歩約3分
ウェブサイト:http://www.sadaharuaoki.jp/

3. ダロワイヨ (DALLOYAU)

Provided by

300年の歴史を誇る老舗パティスリー。ケーキ「オペラ」をはじめて作ったのもダロワイヨです。
そんなダロワイヨがマカロンを作り始めたのは1832年からのことで、今までに100種類以上の多彩なフレーバーを生み出してきました。
ダロワイヨのマカロンは色鮮やか! 外側が少し固めで、内側がほわっと柔らかいマカロン生地は香り高く、濃密な甘さのクリームとの相性が抜群で、あのダイアナ妃も生前によく好んで食べていたそうです。
さらに他のマカロンの名店に比べるとリーズナブルなお値段なので、お土産にもおすすめです。個包装されているので1個からでも注文しやすいですよ。

Provided by

■おすすめの商品
・シトロン
レモンクリームが入っていて酸味があるので、生地の甘さと上手に調和して爽やかな甘さに。

・フランボワーズ
フランボワーズの味がしっかりとしていて、フルーティー。なおかつ、シトロン同様、甘味と酸味のバランスが絶妙!

ダロワイヨ (DALLOYAU)
■パリ(FAUBOURG店)
住所:101, rue du Faubourg Saint-Honoré 75008 Paris フランス
電話番号:01 42 99 90 50
営業時間:8:30~21:00
定休日:なし
ウェブサイト:http://www.dalloyau.fr/
■東京(銀座本店)
住所:東京都中央区銀座6-9-3
電話番号:03-3289-8260
営業時間:
【1F】月~木・日 10:00~21:00(金・土・祝 10:00~22:00)
【2F】月~木・日 10:00~21:00(金・土・祝 10:00~22:00)
定休日:なし
ウェブサイト:http://www.dalloyau.co.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP