ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベネディクト・カンバーバッチ、絵本『いじわるグリンチのクリスマス』のアニメ映画にグリンチの声で出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベネディクト・カンバーバッチが、ドクター・ストレンジから絵本作家ドクター・スースへと鞍替えする。

カンバーバッチはイルミネーション・エンターテイメントが手掛けるドクター・スース原作の子ども向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』の新たなリテリングの中で、グリンチの声を依頼された。

悪役のバルサザール・ブラッド役には、アニメ『サウスパーク』の作者として知られるトレイ・パーカーがキャスティングされた。バルサザール・ブラッドは、映画『怪盗グルー』のシリーズ3作目に登場し、80年代に自身が演じたキャラクターに取りつかれたまま成長した元子役スターである。

シネマコンで行われた米ユニバーサル・ピクチャーズのプレゼンテーションの中で、イルミネーションのチェアマンであるクリストファー・メレダンドリが速報としてこのニュースを伝えた。

2017年11月に米劇場公開される映画『The Grinch That Stole Christmas(原題)』は、グリンチの物語だ。グリンチは近隣の村フーヴィルの住人たちのクリスマスを台無しにすることをたくらむ。ピート・キャンドランドとヤーロウ・チェイニーが監督する。

マイケル・ルシュールが脚本の改変を担当し、メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー、そしてスコット・モシャーがプロデュースを行う。オードリー・ガイゼルとクリス・ルノーがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

カンバーバッチは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、コンウェイ・ヴァン・ゲルダー・グラント、ロバート・オファー・アンド・シェルビー・ワイザーを代理人としている。

映画『怪盗グルー』シリーズの3作目は、ティーヴ・カレルがグルーの声を再び演じ、2017年6月に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP