体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最終的には「人」。優れたリーダーには人間力がある【日本マイクロソフト株式会社代表執行役会長 樋口泰行氏の仕事論】

f:id:k_kushida:20160414170057j:plain

樋口泰行(ひぐち・やすゆき)

1957年兵庫県生まれ。 80年大阪大学工学部電子工学科卒業。同年松下電器産業(現パナソニック)入社。91年ハーバード大学経営大学院(MBA)卒業。92年ボストンコンサルティンググループ入社。94年アップルコンピュータ入社。97年コンパックコンピュータ入社。2002年日本ヒューレット・パッカード(日本HP)との合併に伴い、日本HP執行役員インダストリースタンダードサーバ統括本部長。03年同社代表取締役社長就任。05年ダイエー代表取締役社長就任。07年3月マイクロソフト代表執行役兼COO、08年4月同代表執行役社長就任。2011年2月日本マイクロソフトに社名変更。2015年7月より現職。著書に『「愚直」論』、『変人力』(ダイヤモンド社)『マイクロソフトで学んだこと、マイクロソフトだからできること』(東洋経済新報社)がある。

2007年、マイクロソフト日本法人(当時)に

COOとして入社。

翌年、社長に就任し、

弱かった法人部門を強化すべく、

社内改革を進めてきた。

2011年には、前年比2桁成長を達成。

経営のプロに、リーダーにとって

必要なことを聞いた

リーダーの確固たる信念があってこそ、共感が生まれる

リーダーとして社員を引っ張っていくためには、“みんなが一丸となる”ことが必要です。そのためには強いモチベーションがいる。それは何かというと「共感」です。心から共感できることがあるか、それが生産性に大きく影響するんです。

仕事である以上、お金のために働く一面は当然ありますが、お金だけではいいパフォーマンスは期待できません。お金を超越した働くモチベーションがないと一体感は生まれない。「何のために働いているのか」。働く人が心から賛同し、共感できるビジョンがないとだめなんです。

ビジョンは“信念”という言葉で置き換えてもいいかもしれません。信念とか軸とか、そういったぶれないものがあって初めて、組織というのはまとまります。それを明確に打ち出すのがリーダーの役目です。

過去、名経営者と言われる人もみな、そういう確固たるビジョンを持っていました。だから苦しい状況下でも、みんながついていったんです。やはり最終的には“人”。金銭的な価値ではなく、「この人と働きたい」と従業員が強く感じないと、求心力は生まれません。

マイクロソフトの場合はどうだったかと言うと、マイクロソフトにはもともと、「ソフトウェアの力で、世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を最大限に引き出すための支援をする」という企業ミッションが明確に打ち立てられていました。これは「世界を変えられる」というミッションを一人ひとりが持つことにつながっていました。

私がマイクロソフトに入社したのは2007年。そのときは代表執行役兼COOでした。最初から社長として働くより、社内の状況や会社が置かれている環境を把握するにはCOOのほうが、都合がよかったんです。

社長に就任したのはその翌年。就任してからは、「お客様に顔が見え、親しまれ、かつ尊敬できる企業」といった、マイクロソフト日本法人(2008年当時、2011年日本マイクロソフトに社名変更)が「目指すべき企業像」を社員総会で明確に示しました。これはとても好評で、「非常に共感できた」というフィードバックを従業員からたくさんもらいました。

f:id:k_kushida:20160414170735j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。