ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クロ現問題に小林よしのり氏「もうNHKを全く信用してない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小林よしのり氏が気炎を上げる。テレビ報道はもう終わった、と。向かう先は、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)の司会者として、その道の先頭を走り続けてきた田原総一朗氏だ。同氏はまだまだテレビには力が残されている、と返す。高市早苗総務大臣の「停波発言」の波紋が収まらないなか、2人は昨今のテレビ界についてどう考えるのか?

田原:例えば、昔、昭和天皇が病気になったときがあった。それで自粛ムードが漂ってるときに、プロデューサーが、当時の小田久栄門っていう編成局長に、今こそ天皇論をやるべきだと言った。でも何度頼んでも「バカヤロー!」って取り付く島もなかった。だから4度目は、僕も一緒に行って、企画を変えました、と。ちょうどソウル五輪があった直後だったので、「オリンピックと日本人」でいきたいと言ったら、それでゴーサインが出た。

 でも僕は本番で、一時間ぐらいしたところで、「今こそ天皇制について論じ合うべきだ」と言って、パネリストを入れ替えて天皇論にテーマを変えたんです。そしたら視聴率が3倍ぐらいよかった。

 そのとき偉かったのは小田さんも、どうも欺されてることを承知でOKしたんだな。月曜日に小田さんに謝りに行ったら、悪いけど大晦日にもう一回やってっていう話になった。そういうことは割によくあった。

小林:田原さんの場合は、そうやってタブーに挑戦したり、政権批判をしても、ある程度、視聴率を取れるから許されているところもある。

田原:取れなきゃダメなのよ。被差別部落の問題も大事な問題だから3回やったけど、同じような経緯です。最近で言えば、暴力団排除条例もやった。警察の心証を害するんじゃないかなというテーマですから、上とケンカに近い交渉をしながら実現にこぎつけているわけです。

小林:それは田原さんが、そういう手腕があったからできた。でもそういう駆け引きができない人がほとんどだから、いろいろなキャスターが降ろされたり、番組が変更されたりとかっていう風になっていってるわけですよ。

『クローズアップ現代』の国谷裕子さんが降ろされたのも、不思議でたまらない。国谷さんって、相当な知識量の持ち主ですよ。ありとあらゆる問題に、何十年間も携わっている。それを違う人間が補うなんてことはまずできない。

田原:しかも、あのやらせの問題(*注)っていうのは、キャスターは関係ないよね。

【*注/問題となったのは2014年4月(『かんさい熱視線』)と5月(『クローズアップ現代』)で放送された「出家詐欺」を巡る報道。番組では、ブローカーと債務者が相談する現場が放映されているが、実際は記者と債務者は旧知の仲で、記者が相談内容に注文をつけていた】

小林:しかも、夜7時半から始まっていた番組を夜10時スタートに変えてしまう。あれは7時からのニュースを観て、その流れで観るから、いろいろな問題を知ることができた。今までのように政権にとって不都合な事実も扱ってくれるかどうか心配。『クロ現』もそういう企画をやらなくなっちゃったら、真実を知ることができる番組はどこにあるんだということになる。視聴者として、わしはもうNHKを全く信用してないよ。

【プロフィール】田原総一朗:1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、岩波映画製作所を経て、1964年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。1977年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。主な著書に『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』など。    

【プロフィール】小林よしのり:1953年、福岡県生まれ。1976年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒット。1992年、「ゴーマニズム宣言」の連載スタート。以後、「ゴー宣」本編のみならず『戦争論』『靖國論』『昭和天皇論』といったスペシャル版もベストセラーに。執筆の傍ら、『朝まで生テレビ!』に出演し、討論を盛り上げた。

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
田原俊彦 松田聖子との「チューだけ」発言の裏に爆笑問題?
小渕元総理 新元号「平成」テレビ発表時の視聴率は58.1%
小林よしのり氏が田原総一朗氏に「ポジショントーク?」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP