ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴールデン街火災 キリンビール営業有志が200店見舞訪問

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和の香りが色濃く残る街並みもこれまでか──そう思うほど、ものすごい炎と煙に新宿ゴールデン街の一角が包まれた。人々を騒然とさせた火災が起こったのは4月12日の午後1時過ぎ。幸いにも死者はなかったが、火は300平方メートルに及び、10数店舗が焼け、午後6時頃に鎮火した。翌13日には66歳の男が建造物侵入で逮捕され、放火が原因とする見方が強まった。

 だが、そんな火事騒動の裏で、実はある“熱い戦い”が繰り広げられていた。ゴールデン街でバーを営むあるママがいう。

「午後7時すぎかな、キリンビールの営業の方から、『この度は……』って『近火御見舞』と表書きされたタオルをもらったんです。近くの駐車場に、スーツに紙袋を持った集団がいたので、何の集まりかと思ったら、お見舞いを配る営業団でした。さすがの手際の良さだと思いましたね」

 別の店のママが語る。

「店を開けてしばらくしてから、『キリンビールです。近火お見舞いをお持ちしました』とやってきました。若い営業マンらしくて、『こちらはご無事でしたか?』と緊張気味でした。『うちはキリンを30年とってます』と言ったら、すごい喜んでくれて、『ご挨拶差し上げてもよろしいですか』って、名刺をくれました。『なにかありましたら、よろしくお願いします』って。まあ、顔出してくれるから、悪い気はしないわね」

 キリンビールマーケティング東京支社広報部はこう話す。

「担当エリアの支店の有志8人が、火事のあった当日の午後6時半には現地に集合してゴールデン街のお店、約200店舗に近火お見舞いをお配りしました。エリア密着の営業をしていますので、お得意様の安否の把握とお見舞いの気持ちからです。こうした盛り場での火事の時は、お得意様がいますので、今回のように回ることはあります。スピード重視でやっていますね」

 なお、日頃は激しいビール戦争を繰り広げるライバル会社は、

「伺ったのはセールス担当者だと思いますが、(一軒一軒ではなくゴールデン街の)代表者の方のところだけになります」(サントリーホールディングス広報部)

「13日に、取扱店を中心に、新宿支店のメンバーでお見舞いに行ったそうです」(アサヒグループホールディングス広報部門)

「地区の担当者が、お付き合いがあるところにお見舞いをお持ちしているのは12日からで、訪問はいま(14日時点)も続いています」(サッポロホールディングス広報室)

 と回答した。各社、火災後の対応は迅速だったようだが、店舗を回ってみるとキリンビールからの「近火御見舞」を受け取ったところが圧倒的に多いようだ。

 ビール大手4社のビール系飲料の出荷量では、6年連続でアサヒに首位を明け渡しているキリン。ゴールデン街での“お見舞い作戦”が王座奪還への布石となるか。

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
新宿ゴールデン街の魅力 「都会でポロっと本音を出せる場所」
新宿ゴールデン街 客→店主転身店や外国人客率6~7割の店も
新聞社 「震災の見舞い広告はいかが?」と企業に積極営業

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。