体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

太るのは「思い込み」のせい?!自然にやせる基本の法則3つ

脳ダイエット

大人になってから太り、かつてのスリムな自分を取り戻したいという方々に朗報。

人間にはスリム維持センサーがある

そう書かれているのは『思い込みから解放されたらするっとやせて20年リバウンド知らず!精神科医の脳ダイエット』(奥田弘美/主婦の友社)だ。

特殊なダイエット法に手を出すと短期間で効果が現れることもあるが、維持するためには同じことを延々続ける必要がある。一時的にはやせられても、すぐリバウンドするゆえんだ。

そんなダイエット法から解放され、無理なくずっとスリム体型を維持していく方法を本書から学んでいこう。

 

太る理由は「食べるべき」という思い込みのせい

まず冒頭の「スリム維持センサー」について。著者がその存在に気づいたのは、子育て中のことだそう。子どもはお腹が減っていないときには食事を拒み、遊びに興じる。

 

子どもだけではく、著者の友人でやせている女性も同様。彼女は旅行先で夜のコースメニューを好きなだけ食べた翌朝、朝食のビュッフェを「おなかがすいていない」と食べなかったそう。一方、著者は「3000円もするから」と食べ、「せっかくの旅行だから」と食べ歩きまでし、旅行の後で1.5キロも太ることになった。

原因は「残すと作ってもらった人に悪いから」「食べ物を残すなんて生産者に申し訳ない」などといった「道徳食べ」を成長過程で教育的に刷り込まれたこと

と著者は語る。大人になってどうしても食べ過ぎてしまう人は、もったいないから食べるという習慣をやめよう。また、人から勧められて付き合いで食べる、時間に追われて慌てて食るといったことも続けてはいけない。

「無理をして食べる」のではなく、おなかがスッキリすいてから食べるように心がければよい。それが「食べないよう無理をする」よりもずっとラクで確実なダイエット方法だ。

 

「今までの3分前に食べるのをストップ」で、じゅうぶん満腹

大人になってから太った人は、人間が自然に備えている「満腹ライン」も間違えていると著者は指摘する。

摂取した食べ物が消化されて血糖値が上がって満腹感が出るには15~20分ほどのタイムラグがある

「苦しくてもう食べられない」がラインではない。これまで食べるのにかかっていた時間より3分前に箸を置くくらいが、実は満腹のラインなのだ。目安として、「あと1品くらい食べられる」くらいの余裕が必要である。

この正しい「満腹ライン」を意識した食べ方と上記の「おなかがすいてから食べる」を組み合わせた食事を繰り返す限り、余分な栄養が溢れて体に脂肪がつくことにはならない。これこそが「スリム維持センサー」の機能なのだ。

また、おなかがパンパンにならないくらいで食事をやめることで、体が軽やかになり、食事の後の家事や仕事がスイスイ行えるというメリットも。一石二鳥である。

 

食べるときは「緑→赤→黄色」の食べ順で

最後に、食べるものついて。本書では食品を大きく3つのグループに分けている。簡単に表すと以下の通りだ。
<赤のグループ>:体の組織のもとになるたんぱく質がメインに含まれている食品のグループ

1 2次のページ
生活・趣味
omotanoの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。