ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

劇団四季最新作『ノートルダムの鐘』、12月の開幕に向けオーディションスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 劇団四季最新作『ノートルダムの鐘』の出演候補者オーディションが、4月18日に行われた。

 本作は、ヴィクトル・ユーゴー原作「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」のミュージカル版。15世紀末のパリを舞台に、ノートルダム大聖堂の鐘楼に住む男カジモド、その彼を密かに世話する聖職者フロロー、同警備隊長フィーバス、そして3人が愛するジプシーの娘エスメラルダによるラブストーリーだ。 音楽は、『アラジン』や『美女と野獣』を手がけたアラン・メンケンが作曲し、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ製作のもと、2014年に米国カリフォルニア州サンディエゴのラ・ホイヤ劇場で、翌15年には同ニュージャージー州ペーパーミル劇場で上演された。

 今回、劇団四季での公演にあたりメイン、アンサンブル、クワイヤ(聖歌隊)を含む全てのキャストをオープンオーディションとして公募。約1600通の書類応募の中から選ばれたキャスト候補者85名が本選に臨んだ。演出を務めるスコット・シュワルツは「お客様には素晴らしい音楽の中で、スリリング、壮大、冒険、楽しさなど様々な経験をしていただき、また作品がもつ“人間性”というものにも触れていただきたい」とコメントしている。本作は、2016年12月より四季劇場[秋] にて上演予定。 撮影:阿部章仁

◎スコット・シュワルツ コメント全文
この作品は“人間発信”と言うべきか、“人”が中心に存在し、それらが多層的な関係性を作り出していくことが特徴です。その点では、典型的なミュージカルではなく、大人向けの物語といえるでしょう。お客様には素晴らしい音楽の中で、スリリング、壮大、冒険、楽しさなど様々な経験をしていただき、また作品がもつ“人間性”というものにも触れていただきたいと思います。日本を訪れるのは初めてですが、本日のオーディションでは、四季の非常に高いレベルを感じました。彼らと仕事をしていくことが大変楽しみです。

関連記事リンク(外部サイト)

高身長のイケメン8人組 SOLIDEMOが絆テーマの2周年ライブで見せた「僕たちにできること」
小曽根真&チック・コリアの初のピアノデュオコンサートが開催、「チックは対等に打ち返せば受け止めてくれる人」
チェロの妖精Nanaがリリース発売記念イベント、「15歳の音色や15歳の自分が記録として残る重要なアルバム」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP