ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

思いが込もったお蕎麦「柳ばっと」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月18日放送の「くいしん坊!万才」(フジテレビ系、午後21時54分~)では、郷土の味を求め、変わった名物お蕎麦を特集。松岡修造さんが「そばえ庵」(岩手県二戸市)を訪れた。

出されたお蕎麦は、葉っぱの様な変わった形をした「柳ばっと」。ヤナギの葉っぱに似ていることからこの名前が付いたのだという。
具が入った鍋にお蕎麦を流し入れ、グツグツと煮込む。外見は豚汁のような感じで、とてもお蕎麦には見えない。「見えないけど食べればお蕎麦です」と店員にうながされ、熱々のお蕎麦を口に頬張る松岡修造さん「すごいシコシコしてます。スゴイ不思議」「お蕎麦なんだけど、違うお蕎麦。初めて食べる感覚なんですよ」と驚きを話し「この出汁がすごい、けんちん汁とかそういう感じのお汁」とコメントする。
ヤナギは春先一番先に芽をふき、そして秋になれば枯れます。ヤナギのように元気に長生きするように思いを込めてこのお蕎麦はこの形になったそうだ。「郷土料理っていうのは何かしら思いを込めながら、作ったり食べられたりしたもんだ」とお店の人は語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:米田工房「そばえ庵」(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:二戸のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:二戸×和食のお店一覧
思いが込もったお蕎麦「柳ばっと」
マグロとウニの「うにトロユッケ丼」とウニたっぷりの「ウニ丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。