ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアのアプリ数が今年2月の時点で200万を突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Statista が提供しているモバイルアプリ配信サイトの最新統計データによると、Google Play ストアで配信中のアプリ数が 2016 年 2 月の時点で 200 万を突破したそうです。海外のスマートフォンメーカーや携帯キャリアは新機種の発表の際に、「○○ 個のアプリが Google Play ストアからダウンロードできる」とプレスリリースなどに記しています。こういった発表で使用されるアプリ数はこれまで 100 万や 130 万が主流でした。実際には 200 万を超えているので、今後、アプリ数は「200 万以上」に変わってくると思います。同社はまた、2016 年 Q1 の 3 ヶ月間における Google Play ストアのアプリダウンロード数は 110 億 1000 万回で、前年の同期間から 6.7% ほど増えたとしています。Source : Statista

■関連記事
ヤフー、「Yahoo! ウォレット」のサービス拡充を発表、初夏より電子マネーサービス「Yahoo! マネー」を開始、割り勘や送金が可能なモバイルアプリも提供
Android版「Googleアナリティクス」でカスタムレポートの作成が可能に
ギフティ、LINEやメールで商品クーポン付きギフトカードを贈れるAndroidアプリ「giftee」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP