ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界に一つだけのネイルデザインを生み出す4つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネイルデザインが生まれるまで

皆様からよく聞かれること。
「どうやってそのデザインができるの?」「何を見てるの?」「ネタ切れしないの?」

最近はそんな質問をされることが多いです。締め切りに追われる漫画家の気持ちが分かる時が、多々あります。

サロンサンプルを作成する時に、「いつまでに〇〇のデザイン3セットね!」とか。指示を受けて作らないといけない場面って、たくさんあると思います。
だけどなかなかいいものができなかったり、デザインがマンネリしちゃったりしますよね。
そんな時に少し思い出してもらいたい、私のデザインのプロセスをいくつかご紹介します。

 

デザインを作りだす4つのポイント

【ポイント①:目に入るもの全てが素材になる】
通勤途中の景色、出勤してから接客しているお客様の洋服、持ち物から何から何まで目に見える全てがデザインのヒントだと思っています。
気になれば写メでパシャパシャ撮って保存してあります。

【ポイント②:エリア。土地のもつ空気感】
銀座、表参道、二子玉川…と自分好みの雰囲気の街、ファッション街には良く行くようにしています。
それは好みのファッションアイテムが揃っているため、インスピレーションを受けやすいから。
休みの日にあてもなく歩き回っています。
デパートの中で自分の服を探していたはずなのに、いつの間にかデザイン探しになってる事は珍しくないですよ笑。

【ポイント③:雑誌には目を通す】
毎月発売する雑誌には必ず目を通します。
上記で書いたデザイン収集を、今流行りのトレンドに乗せるためです。
結局ネイルの流行はファッションと平行しているからなんですね。

 

世界に一つだけのデザインを生み出すには

そして最後に、
【ポイント④:自分らしさ】
私が一番大切にしている部分。
ここが世界で一つだけしかない。誰にも作れないデザインを生み出すコツなんです。

雑誌、ファッション、憧れの先生…何かをマネしていいんです。デザインなんてそんなもの。
ただ最後に自分の可愛いと感じるオリジナリティを加えることだと思っています。
それは数を作れば自然と広がる引き出しになります。

才能や感性は、ある程度はあるかもしれませんが、可愛い物を作り出したいという思いと練習。引き出しを増やし自分のモノにしてから広がる世界だと思います。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP