ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅人がリピートしたい国!スリランカのディープな魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

訪れたことがある人は必ず「絶対行った方がいいよ!」とおすすめするスリランカ。訪れたことがない人にとっては、セイロンティーのイメージしか湧かないかもしれませんが、そこまで旅人を惹きつけるこの国の魅力とは、一体何なのでしょうか?

世界遺産「シーギリアロック」

スリランカの観光名所として最も有名なのがシーギリアロック! 巨大な岩山とその上にある遺跡は、まるでラピュタの世界です。登ってみるもよし、遠くから眺めるもよし、様々な楽しみ方ができます。シーギリアロックの壮大さを様々な角度から納めたRieko Matsumotoさんのログブックを見ると、自分の足でこの壮大な遺跡の地を踏みしめたいという気持ちになります!

Rieko Matsumoto「緑の国 スリランカ

ジェフリー・バワ建築

スリランカを代表する建築家ジェフリー・バワの建築物巡りの旅を、センス抜群の写真とともにまとめたShino Ichimiyaさんのログブック。遺跡だけでなく、現代建築まで楽しめてしまうスリランカは、本当に奥が深い! このログブックではジェフリー・バワ建築についてかなり詳しく紹介されているので、これらの建築物を訪れたい人はぜひ参考にしてみてください。

Shino Ichimiya「Love Architecture! ジェフリー・バワの建築を巡る

スリランカ海岸鉄道

ローカル列車の旅はどの国でも楽しいですが、スリランカのゴール・コロンボ間の海岸沿いを走る鉄道は、レトロな雰囲気満載で素敵です! Takuo Shikataさんのログブックには、そんな素敵な列車旅が雰囲気たっぷりの写真とともにまとめられています。旅好きだけでなく、列車ファンもスリランカを訪れたくなってしまうのではないでしょうか?

Takuo Shikata「潮風を感じながら走るスリランカ海岸鉄道 ゴール~コロンボ

象の孤児院

スリランカでは神聖な動物とされている象。Yusuke Tomoiさんのログブックでは、親を亡くした子象が保護されているピンナラワの象の孤児院でのエピソードが、迫力ある写真とともに紹介されています。こんなに近くでこんなにたくさんの象を見られるチャンスは、なかなかありません。ログブックではチップや料金システムなどについても紹介されているので、訪れる前に参考にするといいかもしれません。

Yusuke Tomoi「神聖なる象を愛するスリランカの象徴 in Pinnawela Elephant Orphanage ~Srilanka周遊記⑤~

スリランカへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP